アレキサンダー・マッケンジー (カナダ首相)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カナダの旗 カナダの政治家
アレキサンダー・マッケンジー
Alexander Mackenzie
Alexander MacKenzie - portrait.jpg
生年月日 1822年1月28日
出生地 スコットランドの旗 スコットランドパースシャー英語版
没年月日 (1892-04-17) 1892年4月17日(満70歳没)
死没地 カナダの旗 カナダオンタリオ州 トロント
所属政党 自由党
配偶者 ヘレン・ニール・マッケンジー(最初の妻)
ジェーン・マッケンジー(2番目の妻)
サイン Alexander Mackenzie Signature-rt.svg

カナダの旗 第2代首相
在任期間 1873年11月15日 - 1878年10月9日
テンプレートを表示

アレキサンダー・マッケンジー英語: Alexander Mackenzie1822年1月28日 - 1892年4月17日)は、カナダの第2代首相、建築請負人、作家。カナダ自由党から選出された初の首相である。

生涯[編集]

イギリススコットランドパースシャー英語版(現パース・アンド・キンロス)Logierait村に、同名の父とメアリー・ステュアート・フレミングの第3子として生まれる。パースピトロッホリー英語版ダンケルド英語版にある公立学校に通った後、1842年にカナダへ移住、信仰を長老派教会からバプテスト教会に変えた。そして、バプテスト教会の信仰に合わせ禁酒運動が盛んだったオンタリオ州からカナダ議会議員選挙に立候補し、当選した。

マッケンジーは1845年にヘレン・ニール(1826年 - 1852年)と結婚し、3人の子を持った。しかしその後、ヘレンと2人の子が亡くなり、1853年ジェーン・マッケンジー英語版1825年 - 1893年)と再婚した。

ジョン・A・マクドナルド政権が1873年に「パシフィック・スキャンダル」で退陣した際、カナダ総督ダファリン伯爵フレデリック・ハミルトン=テンプル=ブラックウッドカナダ自由党に政権を作るよう要請した。当時の自由党内に明確な指導者はいなかったが、マッケンジーは首相のポストを受け継げる人物だったため、彼が政権をつくり、総督に選挙を1874年1月に行うよう要請した。その選挙で自由党が勝利し、マクドナルドのカナダ保守党は野党となり、1878年の選挙時まで政権を維持した。

首相となったマッケンジーは、政府の構造改革を行い、政府を単純化するよう努めた。彼の功績は、選挙時の無記名投票を導入したこと、カナダ最高裁判所を作ったこと、1874年にキングストンカナダ王立軍事大学英語版をつくったこと、1878年に総督の会計監査職をつくったことなどが挙げられる。とりわけ、カナダ太平洋鉄道に着手した際には、野党と激しく対立した。

1878年の選挙で敗北した後も、マッケンジーは1880年まで野党の指導者を務め、後任にはエドワード・ブレイク英語版が就任した。1892年トロント脳卒中により亡くなるまで下院議員を務めあげ、遺体はサーニアのレイクビュー墓地に埋葬された。

遺産[編集]

オタワにあるマッケンジー像

マッケンジーがオンタリオ州キングストンに創ったカナダ王立軍事大学英語版は、彼への敬意を込めて、校舎の一つに「マッケンジー・ビルディング」と名付けた。

晩年にカナダの首相が、マッケンジーへナイトの叙位を打診したが、彼は全て断った。1920年に就任したアーサー・ミーエン英語版以前には、マッケンジーはナイト位に叙されなかった唯一の首相であった。

アレクサンダー・マッケンジー高校は彼の名をとって名付けられた。現在高校は、オンタリオ州リッチモンドヒル英語版とサーニアにある。

最高裁判所官職[編集]

マッケンジーは、以下の法律専門家をカナダ最高裁判官に任命した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
-
ラムトン郡選出のカナダ議会議員
1867年 - 1882年
次代:
廃止
先代:
アルフレッド・ボルトビー
ヨーク・イースト選出のカナダ議会議員
1882年 - 1892年
次代:
ウィリアム・F・マクレーン
先代:
空席
カナダ野党指導者
1873年
次代:
ジョン・A・マクドナルド
先代:
ジョン・A・マクドナルド
カナダ野党指導者
1878年 - 1880年
次代:
エドワード・ブレイク
先代:
空席
カナダ自由党党首
1873年3月6日 - 1880年4月27日
次代:
エドワード・ブレイク
先代:
ヘクター・ルイス・ランジュバン
カナダ公共事業担当大臣
1873年11月7日 - 1878年10月8日
次代:
サー・チャールズ・タッパー