アル・プラザ鶴見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アル・プラザ鶴見
AL.PLAZA TSURUMI
アルプラザ鶴見
アルプラザ鶴見
地図
店舗概要
所在地 503-0805
岐阜県大垣市鶴見町字上渡瀬641番2号 [1]
座標 北緯35度21分32.6秒 東経136度38分27.9秒 / 北緯35.359056度 東経136.641083度 / 35.359056; 136.641083座標: 北緯35度21分32.6秒 東経136度38分27.9秒 / 北緯35.359056度 東経136.641083度 / 35.359056; 136.641083
開業日 2006年11月23日 [2]
正式名称 アル・プラザ鶴見
施設管理者 平和堂
商業施設面積 20,864 m²[2]
中核店舗 平和堂
店舗数 平和堂と48の専門店 [1]
営業時間 10:00-21:00 [1]
駐車台数 1210台[1]
前身 タマコシ鶴見ショッピングセンター
最寄駅 東大垣駅
最寄IC 大垣IC
外部リンク 公式ウェブサイト
AL.PLAZA logo w.svg

アル・プラザ鶴見(アル・プラザつるみ)は、岐阜県大垣市にあるショッピングセンター

概要[編集]

平和堂を核店舗とするショッピングモールで、平和堂による運営されており岐阜県下の平和堂で唯一アル・プラザを名乗る店舗である。かつては中京エリアのGMSチェーンのグランドタマコシの店舗の「タマコシ鶴見SC(ショッピングセンター)」であったが、2004年(平成16年)2月20日、グランドタマコシは民事再生法を適用し経営破綻[3]。平和堂の子会社、平和堂東海(現在は平和堂が合併)が引継ぎ平和堂鶴見店となる[4]。その後旧店舗を取り壊し、2006年(平成18年)11月25日、アル・プラザ鶴見が同地に開業する。近隣にイオンタウン大垣イオンモール大垣アクアウォーク大垣などがあり競合が激しい。アル・プラザ鶴見は、中高年をターゲットにした店舗となっている。平和堂傘下のヤナゲンFAL店が2011年(平成23年)7月20日に閉店し、21日にアル・プラザ鶴見に移転した[5]

主な店舗[編集]

現在[編集]

過去(タマコシ時代も含む)[編集]

交通[編集]

公共交通機関
自動車

備考[編集]

  • 岐阜市にある仕事工房ポポロによるアルミ付き紙パックの回収ボックスも設置している。また、ポイントがたまる古紙回収サービス「えこすぽっと」を2013年7月24日に東海地区の平和堂で初めて導入した。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d アル・プラザ鶴見 公式ウェブサイト
  2. ^ a b 全国都道府県別SC一覧日本ショッピングセンター協会
  3. ^ “グランドタマコシ民事再生法申請で、東海の流通業界は弱肉強食へ”. 中部経済新聞 (中部経済新聞社). (2004年2月21日) 
  4. ^ 株式会社グランドタマコシの民事再生への支援に関する基本合意書締結について (Report). 平和堂. (2004-3-22). 
  5. ^ “ヤナゲンFAL、今夏にも移転 大垣のアル・プラザに”. 岐阜新聞 (岐阜新聞社). (2011年5月18日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]