アリノケラトプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリノケラトプス
地質時代
白亜紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 周飾頭亜目
下目 : 角竜下目 Ceratopia
: ケラトプス科 Ceratopidae
亜科 : カスモサウルス亜科 Chasmosaurinae
: アリノケラトプス属 Arrhinoceratops
学名
Arrhinoceratops
Parks1925
  • A. brachyops

アリノケラトプス (Arrhinoceratops ) (アルリノケラトプス)とは、カナダで発掘された中生代白亜紀後期のケラトプス科の恐竜角竜)である。全長は約6~8メートルで草食。名前の意味は、「鼻角のない顔」。

特徴[編集]

Arrhinoceratops brachyops 頭骨。ロイヤルオンタリオ博物館蔵。

他の角竜に比べて鼻と顔面部が短い。また、額には長く先の開いた(外側にせり出した)角があるだけでなく、その名にもかかわらず鼻の上にも角があるというトリケラトプスに似た恐竜である。襟飾り(フリル)は幅の広い台形をしている。トリケラトプスの祖先型に近いと見られている。

この名前の由来は、化石を記載したウィリアム・パークスが、この動物の鼻の上にある物は角ではなく元は分離したである、と考えたためである。しかし実際にはこのような角は元が分離していた物かを問うことは不可能であるためこの解釈は現在では受け入れられず、アリノケラトプスの鼻角も他の角竜の物と同じような物だと考えられている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]