ネドケラトプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネドケラトプス
Nedoceratops
ネドケラトプス
ネドケラトプス想像図
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 周飾頭亜目 Marginocephalia
下目 : 角竜下目 Ceratopia
: ケラトプス科 Ceratopidae
亜科 : カスモサウルス亜科 Chasmosaurinae
: トリケラトプス族 Triceratopsini
: ネドケラトプス属 Nedoceratops
学名
Nedoceratops
Ukrainsky, 2007

ネドケラトプスNedoceratops)は中生代白亜紀後期の北アメリカに生息した角竜類植物食恐竜。名前は古代ギリシャ語で「不十分な(nedo)角の(Cerato)顔(ops)」を意味し、3本角のケラトプス類の中でも鼻の上の角が無い(トリケラトプスに比べ不十分2本である)のが特徴である。かつては長年にわたりトリケラトプスの一種と考えられていた。ディケラトプスディケラトゥスと呼ばれたこともあった。

歴史[編集]

ネドケラトプスは、オスニエル・チャールズ・マーシュのケラトプス科学術論文の中で最初に記述された。マーシュは論文が完成する前の1899年に死去、その後、ジョン・ベル・ハッチャー英語版がトリケラトプスの項目を完成しようとしたが、彼も論文を完成せぬまま1904年にこの世を去った。

論文はリチャード・スワン・ルルに託された。ルルはハッチャーによる頭骨の記述を別々に公表し、その中の保存状態の悪い頭骨の一つにディケラトプス・ハッチェリと命名、1905年に学術論文を完成させた。ディケラトプスの記載論文はハッチャーによって書かれており、単に学名を寄与し公表しただけで特性を全て把握していなかったルルは、この恐竜の個性を病気によるものと判断していた。

ルルは1933年までに、トリケラトプスとは別属であるネドケラトプスについて再考し、それをトリケラトプスの亜属に分類した。このトリケラトプス(ネドケラトプス)は、T.オブトゥスス(無効名)と比較して、独自の属を提唱するに足るほどの差異をもたないと考えたのである。

記載[編集]

保存状態の悪い頭骨は、ネドケラトプスが過去に生きていたことを示す唯一の化石である。それはハッチャーの所持していたトリケラトプスの頭骨と同様に東ワイオミングで発見された。一見して、トリケラトプスのものに似ているが、最近の研究においては、明確な違いがある。

トリケラトプスには存在する鼻角がネドケラトプスでは完全に消失しており、上眼窩角後頭骨(額)に対してほとんど垂直に伸びている。また、トリケラトプスの頭骨と比較すると平均(2.0メートル)よりわずかに長大であるのに、鼻面はやや短い。決定的な相違点として、フリルにトリケラトプスには無い大きな穴が開いている。これらのうちのいくつかは奇形病気によるものかもしれないが、大部分は遺伝形質と考えられる。ネドケラトプスがトリケラトプス、あるいはその最も近い属の直接の祖先であることを示唆していると考える研究者もいる。[要出典]

ディケラトプス及びディケラトゥス[編集]

ネドケラトプスはトリケラトプスから独立した属に分類しなおされた当初、ディケラトプス(“2本角の顔”という意味)という名前だった。しかし、同じ属名がこの恐竜が記載された1905年より前の1868年に、フェルスターによって膜翅類に与えられていたため、2008年オクタビオ・マテウスによってディケラトゥスという属名に改名された。ところがその後、ディケラトプスには既にルルによって与えられたシノニム“ネドケラトプス”が存在していたことが発覚し、国際命名規約にのっとり現在の属名に再び改名された。

関連項目[編集]