アリサカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社アリサカ
ARISAKA CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2328
2008年6月28日上場廃止
本社所在地 880-0925
宮崎県宮崎市大字本郷北方2485-20
設立 1991年5月31日
業種 サービス業
事業内容 ゲームセンター
代表者 更生管財人 江藤利彦
売上高 99億1,488万円(2007年3月期)
決算期 3月31日
テンプレートを表示

株式会社アリサカ(英名:Arisaka Company, Ltd.)は、九州地方を中心にアミューズメント施設及びスーパー銭湯を展開していた株式会社

会社更生法適用申請により、2008年6月28日付で上場廃止。アミューズメント事業は、株式会社アール・アール・ビー(RRB。アリサカの経営破たん後に新設された「アーバンスクエア株式会社」から社名変更)が引き継いだが、同社も2014年に破産[1]。2017年現在はRRBから事業を引き継いだ株式会社ビジョンプランニング (VISION PLANNING) がアミューズメント事業を運営しているが、VISION PLANNINGが運営している店舗は宮崎県都城市の1店舗のみとなっている。

沿革[編集]

ジョイプラザ都城店(VISION PLANNINGが運営する唯一の店舗、2016年11月撮影)
  • 1978年 - 有限会社アリサカを設立。
  • 1993年 - 株式会社アリサカに改組。
  • 2002年 - ジャスダックに株式上場
  • 2008年5月27日 - 宮崎地裁へ会社更生法適用を申請することを決定(6月3日に申請)。
  • 2008年6月28日 - 上場廃止。
  • 2009年8月31日 - 裁判所による更生計画案認可、株式の100%減資、売却予定の店舗を除く25店舗の運営を新設されたアーバンスクエア株式会社(本社所在地はアリサカと同じ)に移管[2]
  • 2009年9月1日 - 各店舗が新しい運営会社による営業を開始。
  • 2012年3月 - アーバンスクエア株式会社が株式会社アール・アール・ビー(RRB)に社名変更[1]
  • 2013年12月 - アール・アール・ビーが運営している店舗の一部(宮崎県内の店舗が中心)を、株式会社ビジョンプランニング(VISION PLANNING)に分割譲渡する[1]
  • 2014年12月25日 - 宮崎地裁がアール・アール・ビーの破産手続き開始を決定する[3]

展開店舗[編集]

アーバンスクエアの店舗(都城北店)
写真の店舗は2014年11月にサンゲームス(アム・スペース運営)に転換されている
旧・ジョイプラザの店舗(サンゲームス小林店に転換後2016年5月に閉店)
外観はアリサカ・RRB時代とほぼ同様である

社員による株の不正取引による金融商品取引法違反行為について[編集]

会社更生法を申請するに至った「複数年度に亘る不適切な会計処理が判明したこと」を知った当時のアリサカ社員2名が会社更生法申請日である2008年5月27日より前の同年4月16日に保有している株式を売却していた。証券取引等監視委員会は金融商品取引法の内部者取引の規制に違反するとして、この社員2名に課徴金納付命令をだすよう内閣総理大臣および金融庁に勧告を行った[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『宮崎日日新聞』2015年2月6日7面。
  2. ^ アリサカの再建案が認可され、新会社が委託運営を開始した『ゲームマシン』2009年9月15日号。
  3. ^ アールアールビー、ケイ・キャットがそれぞれ破産へ『ゲームマシン』2015年2月15日号。
  4. ^ 過去に株式会社アリサカは「アーバンスクエア」「ジョイプラザ」の店舗名称で全国各地にゲームセンターを事業展開していたが、株式会社アール・アール・ビーの経営破綻前までに別の複数の運営会社に切り売りされ、別企業による運営に変更されている。
  5. ^ 2012年8月現在、株式会社アール・アール・ビーのホームページに「がらっぱ湯」に関する記載はない。
  6. ^ 株式会社アリサカ社員による内部者取引に対する課徴金納付命令の勧告について - 証券取引等監視委員会 2009年12月15日。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]