アマゾン (映像製作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社アマゾンは、日本の映像製作会社である。2010年4月1日にラテルナと合併し、アマゾンラテルナとなった。

データ[編集]

略歴・概要[編集]

1988年4月1日緒形拳主演のドラマスペシャル『炎の料理人・北大路魯山人』(制作ネクサス、1987年放送文化基金賞奨励賞)等で知られるテレビマンユニオン出身のテレビディレクターの倉内均によって設立された。以来、テレビ作品を中心に、数多くの映像作品を生み出す。また1989年、倉内は山本陽一主演の映画『冬物語』(配給東宝)を演出し映画監督としてデビューしている。

2006年6月3日、倉内が監督、同社が製作、文部科学省推奨を受けた映画『佐賀のがばいばあちゃん』を全国公開(配給ティ・ジョイ)、興行収入6億円のヒットとなる。

2008年4月1日、設立20周年を迎えた同社は、同年6月1日、映画・映像製作会社の株式会社LATERNA(ラテルナ)との提携を進めて関連会社となり、同社社長の與田尚志を代表取締役会長CEOに迎え、社長の倉内はひきつづき同社長であるとともに新たにCOOに就任した[1]

2009年6月、アマゾンとラテルナが資本及び業務提携。2010年4月1日、アマゾンとラテルナは合併、株式会社アマゾンラテルナとなる。

おもなビデオグラフィ[編集]

フィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ 日経流通新聞の記事「配給元頼みにシネコンの逆襲」(2008年9月5日付)の記述を参照。

外部リンク[編集]