倉内均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

倉内 均(くらうち ひとし、1949年5月3日 - )は、日本のテレビディレクターテレビプロデューサー映画監督実業家である。大ヒットした映画『佐賀のがばいばあちゃん』を監督したことで知られる。映像製作会社アマゾンの創立者であり、(株)アマゾンラテルナの代表取締役会長である。ATP(全日本テレビ番組製作社連盟)理事長(2012年 - )。

人物・来歴[編集]

青森県青森市(当時は南津軽郡浪岡町)出身。テレビマンユニオンメンバーを経て、1985年のテレビ制作会社ネクサスの設立に参加。

1988年4月1日東京都港区にテレビ番組制作会社として株式会社アマゾンを設立、以来、テレビ作品を中心に、数多くの映像作品を生み出す。また翌1989年には、同名のマンガを原作に山本陽一主演の映画『冬物語』(配給東宝)を演出し映画監督としてデビューしている。

2006年6月3日、アマゾンが製作した映画『佐賀のがばいばあちゃん』(配給ティ・ジョイ)で、17年振りに劇場用映画を監督した。文部科学省推奨を受けた他、台湾での公開を含め、興行収入9億円のヒットとなる。また同年、「ATP賞テレビグランプリ2006」の審査委員長を務めた[1]

2008年4月1日、自ら設立したアマゾンが創立20周年を迎え、同年6月1日には、映画・映像製作会社の株式会社LATERNA(ラテルナ)との提携を進め、資本関係を持つ関連会社とした。同社には、『佐賀のがばいばあちゃん』を通じて出逢い、意気投合したティ・ジョイ常務兼ラテルナ社長の與田尚志を代表取締役会長CEOに迎え、倉内は引き続き同社長であると共に新たにCOOに就任した[2]。2010年(株)アマゾンラテルナを設立、代表取締役社長に就任。2015年代表取締役会長に就任。

おもなビデオグラフィ[編集]

テレビドラマ[編集]

※ すべて演出

ドキュメンタリー[編集]

  • 『科学への愛・仁科芳雄物語』(製作テレビマンユニオン、東京12チャンネル、1977年)-科学放送賞
  • 『紺野美沙子の科学館〜枝豆』-1987年科学放送賞
  • ETVカルチャースペシャル『発見! 仏の世界 - 西村公朝が探る仏像本来の姿 -』 - 2000年 ATP賞優秀賞受賞
  • キャノンスペシャル『未来都市江戸〜時空の花園』-2003年ATP賞優秀賞
  • NHKハイビジョンスペシャル『大江戸繁盛記 四谷怪談 - 恐怖という名の報酬 -』 - 2003年 ATP賞優秀賞受賞

フィルモグラフィ[編集]

監督作品

  • 『冬物語』(配給東宝、1989年)
  • 佐賀のがばいばあちゃん』 (配給ティ・ジョイ、2006年)-第6回ベルリン・アジア太平洋映画祭グランプリ、モントリオール国際青少年映画祭グランプリ、ズリン(チェコ)国際青少年映画祭最優秀長編子供映画賞、リール・ツー・リアル国際青少年映画祭(カナダ)ベストフィルムアワード
  • 日本のいちばん長い夏』 (監督&脚本、配給アマゾンラテルナ、2010年)-日本映画批評家大賞特別作品賞

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ 文化通信サイト内の記事「サイト特別企画/写真特集「ATP賞テレビグランプリ2006」授賞式」の記述を参照。
  2. ^ 日経流通新聞の記事「配給元頼みにシネコンの逆襲」(2008年9月5日付)の記述を参照。

外部リンク[編集]