アブドゥル・カデル・ケイタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アブドゥル・カデル・ケイタ Football pictogram.svg
Abdul Kader Keita 2011 (1).jpg
名前
ラテン文字 Abdul Kader KEÏTA
基本情報
国籍 コートジボワールの旗 コートジボワール
生年月日 (1981-08-06) 1981年8月6日(35歳)
出身地 アビジャン
身長 182cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム インドネシアの旗 ペルシブ・バンドン
ポジション FW / MF
利き足 右足
ユース
1998-1999 コートジボワールの旗 アフリカ・スポール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000 コートジボワールの旗 アフリカ・スポール 23 (4)
2000-2001 チュニジアの旗 エトワール・サヘル 22 (7)
2001-2002 アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン 19 (6)
2002-2005 カタールの旗 アル・サッド 53 (26)
2005-2007 フランスの旗 リール 73 (27)
2007-2009 フランスの旗 リヨン 62 (25)
2009-2010 トルコの旗 ガラタサライ 34 (15)
2010-2012 カタールの旗 アル・サッド 27 (7)
2014-2015 ハンガリーの旗 ブダペスト・ホンヴェード 2 (0)
2015- インドネシアの旗 ペルシブ・バンドン
代表歴2
2000-2012 コートジボワールの旗 コートジボワール 72 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年6月19日現在。
2. 2014年7月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アブドゥル・カデル・ケイタAbdul Kader KEÏTA, 1981年8月6日 - )は、コートジボワールアビジャン出身の同国代表サッカー選手ペルシブ・バンドン所属。ポジションはFWMF

柔らかくスピードのあるドリブル突破と優れた得点感覚を持った選手。

経歴[編集]

クラブ[編集]

アル・サッド時代のケイタ

UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07ではLOSCリール・メトロポールの決勝トーナメント進出に大きく貢献し、またリーグでも、チーム最多得点を挙げた。2007年にオリンピック・リヨンに移籍した。2009年夏にガラタサライSKへ移籍した。リーグ戦では27試合に出場して5得点し、UEFAヨーロッパリーグでは11試合に出場して5得点した。2010年7月、移籍金800万ユーロ(約8億8000万円)でアル・サッドに移籍し、2011年アジアチャンピオンズリーグの決勝ではゴールをあげるなど優勝に貢献した[1]

代表[編集]

2010年には2010 FIFAワールドカップに出場した。グループリーグのブラジル戦ではカカと接触し、2枚目のイエローカードを提示されたカカは退場処分を受けた。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]