アフリカ系フランス人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランスへのアフリカ移民
Albert Camus2.jpgPatrick Vieira.jpg
UMP meeting Paris regional elections 2010-03-17 n11.jpgZidane 2008.jpg
(約500万人。2008年現在、2,271,231人のアフリカ出身者。)
居住地域
パリリヨンマルセイユトゥールーズボルドーリールナントストラスブールフランスの海外県・海外領土
言語
共通フランス語および様々な母国語
宗教
イスラムキリスト教無宗教

フランスへのアフリカ移民は、アフリカ生まれあるいはアフリカ系の祖先を持つフランスの国民および住民を含む。

人口統計[編集]

フランス国立統計経済研究所(INSEE)は、530万人の外国生まれの移民と650万人の移民2世がフランスに居住していて、全人口の19%に当たると推定している。この1180万人のうち、およそ500万人がアフリカ系移民であった[1][2]

移民の流れ[編集]

2008年の全ての移民の42.9%(90,582人)のうち、アフリカからの人々が最大の地域グループである。これらの統計はマグリブからの26.6%を含んでいる[3]

国別[編集]

[4]

%
移民
2008
%
移民
2007
%
移民
2006
%
移民
2005
%
移民
2004
アルジェリア 11.2% 12.0% 14.1% 14.0% 15.2%
カメルーン 1.9% 1.9% 2.1% 2.1% 2.0%
コートジボワール 1.5% 1.6% 1.8% 1.7% 1.9%
マリ 2.1% 1.3% 1.4% 1.2% 1.2%
モロッコ 11.1% 9.5% 9.4% 10.4% 11.4%
セネガル 1.7% 1.8% 1.7% 1.7% 1.9%
チュニジア 4.3% 4.4% 4.5% 4.5% 4.7%

現在の出身国別の移民人口[編集]

出身国 (2008) % N
アフリカ 42.5 2 271 231
アルジェリア 13.4 713 334
モロッコ 12.2 653 826
チュニジア 4.4 234 669
その他のアフリカの国 12.5 669 401

[2]

著名な人物[編集]

文学[編集]

政治[編集]

スポーツ[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]