アデレード (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
HMAS Adelaide.jpg
艦歴
発注
起工 1977年7月29日
進水 1978年6月21日
就役 1980年11月15日
退役 2008年1月19日
性能諸元
排水量 4,100トン
全長 138メートル
全幅 14メートル
吃水 7.5メートル
機関 ゼネラル・エレクトリック
LM2500 ガスタービンエンジン ×2
41,000 hp
速力 29ノット
航続距離 4,500海里(20ノット)
兵装 Mk 13発射機(ハープーンSM-1
ファランクスCIWS×1
Mk 32 3連装単魚雷発射管×2
OTOメララ76mm砲
乗員 184名 +航空要員
搭載機 S-70B シーホーク
モットー United For The Common Good

アデレード (HMAS Adelaide, FFG 01) はオーストラリア海軍アデレード級フリゲートの1番艦。アデレード級はオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートのオーストラリア海軍型の名称である。艦名はアデレードに由来する。

艦歴[編集]

アデレードはワシントン州シアトルトッド・パシフィック造船所1977年7月29日に起工され、1978年6月21日に進水、1980年11月15日に就役した。

1990年イラククウェート侵攻に伴い編成された多国籍軍に加わり、同型艦のダーウィンとともに中東に派遣され、湾岸戦争に参加した。2001年、対テロ作戦であるオペレーション・スリッパーに、2004年イラク戦争支援としてオペレーション・カタリストに参加した。2001年10月、クリスマス島近海において難民船、いわゆるSIEV4 (Suspected Illegal Entry Vessel) への対応にあたった。

2008年1月19日に退役した後、ニューサウスウェールズ州政府が取得し、2011年4月に海没処分となりレックダイビングスポットとなった。

外部リンク[編集]