アウグスト・ディール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アウグスト・ディール
August Diehl
August Diehl
生年月日 (1976-01-04) 1976年1月4日(42歳)
出生地 ドイツの旗 ドイツ ベルリン
職業 俳優
活動期間 1998年 -
配偶者 Julia Malik (1999-)
主な作品
青い棘
イングロリアス・バスターズ
ヒトラーの贋札

アウグスト・ディール(August Diehl, 1976年1月4日 - )は、ドイツ出身の俳優

来歴[編集]

俳優の父ハンス・ディールと衣装デザイナーの母の息子としてベルリンに生まれる。幼い頃より転居を繰り返し、ハンブルクウィーンデュッセルドルフバイエルンフランスなどで暮らしたため、ドイツ語だけでなく英語フランス語も話すことができる。

ベルリンにある名門エルンスト・ブッシュ演劇大学を卒業し、1998年東西冷戦下のハッカーたちを描いた『23 – Nichts ist so wie es scheint』の主役として映画デビューを果たす。同作での演技は高く評価され、その年のドイツ映画賞最優秀主演男優賞とバイエルン映画賞最優秀新人賞を受賞した。

2000年にはベルリン国際映画祭シューティング・スター賞に選出されたほか、2006年にはフランスのファッション雑誌『Gala』から「今日における最も重要なドイツの俳優」と評された。

人物[編集]

1999年女優のジュリア・マリクと結婚し、2009年5月23日に長女をもうけている。

主な出演作品[編集]

公開年 日本語題
原題
役名 備考
1999 23 トゥエンティースリー
23 – Nichts ist so wie es scheint
カール
2001 ラブ・ザ・ハード・ウェイ 疑惑の男
Love the Hard Way
ジェフ
2002 タトゥー
Tattoo
マーク
2003 アナトミー2
Anatomie 2
ベニー
2004 青い棘
Was nützt die Liebe in Gedanken
ギュンター・シェラー ドイツ映画批評家協会最優秀男優賞
9日目 〜ヒトラーに捧げる祈り〜
Der neunte Tag
カール・ゲープハルト
2006 もうひとりの女
Ich bin die Andere
ロバート
2007 ヒトラーの贋札
Die Fälscher
アドルフ・ブルガー
2008 ベルリン陥落1945
Anonyma - Eine Frau in Berlin
ゲルト
2009 イングロリアス・バスターズ
Inglourious Basterds
ヘルシュトローム少佐
2010 ソルト
Salt
マイク・クラウス
2012 詩人、愛の告白
Confession of a Child of the Century
デスジュネー
2013 リスボンに誘われて
Night Train to Lisbon
ジョルジェ
2015 戦場のブラックボード
En mai, fais ce qu'il te plaît
ハンス
2016 マリアンヌ
Allied
ホバー
汚れたダイアモンド
Diamant noir
ガブリエル・ウルマン
2017 マルクス・エンゲルス
Der junge Karl Marx
カール・マルクス

脚注[編集]


外部リンク[編集]