名もなき生涯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名もなき生涯
A Hidden Life
監督 テレンス・マリック
脚本 テレンス・マリック
製作 エリザベス・ベントリー
ダリオ・ベルジェシオ
グラント・ヒル
ジョシュ・ジーター
出演者 アウグスト・ディール
ヴァレリー・パフナードイツ語版
ミカエル・ニクヴィスト
ユルゲン・プロホノフ
マティアス・スーナールツ
ブルーノ・ガンツ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 イェルク・ヴィトマードイツ語版
編集 レーマン・ニザル・アリ
ジョー・グリーソン
セバスチャン・ジョーンズ
製作会社 Elizabeth Bay Productions
Aceway
スタジオ・バベルスベルクドイツ語版
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
ドイツの旗 パンドラ・フィルム英語版
日本の旗 ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年12月13日[1]
ドイツの旗 2020年1月30日
日本の旗 2020年2月21日[2]
上映時間 173分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語ドイツ語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $1,730,597[3]
世界の旗 $4,607,462[3]
日本の旗 2000万円[4]
テンプレートを表示

名もなき生涯』(なもなきしょうがい、A Hidden Life)は、2019年アメリカ合衆国ドイツ伝記映画テレンス・マリック監督。出演はアウグスト・ディールヴァレリー・パフナードイツ語版ら。また、ミカエル・ニクヴィストブルーノ・ガンツはこれが遺作となった[5]

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに併合されたオーストリアを舞台に、良心的兵役拒否の立場から度重なる従軍命令とナチスの軍門に降った教会の指示に従わず、ひたすらに自分の信念と妻や娘への愛に生き、36歳で処刑された実在の農夫フランツ・イェーガーシュテッターの生涯を描く。イェーガーシュテッターは、カトリック教会の殉教者であり、福者である。

第72回カンヌ国際映画祭コンペティションに出品され[6]エキュメニカル審査員賞とフランソワ・シャレ賞を受賞した[7][8][9][10]

なお、本作をアメリカで配給を担当したフォックス・サーチライト・ピクチャーズは2020年1月17日に社名をサーチライト・ピクチャーズに変更した。そのため、本作がフォックス・サーチライト・ピクチャーズ名義で配給を担当した最後の映画作品となった[11]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替声優[12]

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「野心的で視覚的に魅力的な『名もなき生涯』は、ファンでない者には不可解なものになっているかもしれないが、マリックの波長に合う観客にとっては彼の天才性を更に確認するだけのものであるはずだ。」であり、230件の評論のうち高評価は81%にあたる186件で、平均点は10点満点中7.4点となっている[13]Metacriticによれば、43件の評論のうち、高評価は36件、賛否混在は7件、低評価はなく、平均点は100点満点中78点となっている[14]

出典[編集]

  1. ^ D’Alessandro, Anthony (2019年6月27日). “Terrence Malick’s ‘A Hidden Life’ Lands Year-End Awards Season Release” (英語). Deadline Hollywood. https://deadline.com/2019/06/terrence-malicks-a-hidden-life-lands-year-end-awards-season-release-1202638863/ 2019年6月27日閲覧。 
  2. ^ “テレンス・マリック初の実話映画化『名もなき生涯』人間の尊厳に迫る予告編”. シネマカフェ. (2019年11月1日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/11/01/64258.html 2019年11月2日閲覧。 
  3. ^ a b A Hidden Life” (英語). Box Office Mojo. 2021年3月29日閲覧。
  4. ^ 『キネマ旬報』2021年3月下旬特別号 p.50
  5. ^ “テレンス・マリック最新作『名もなき生涯』第二次世界大戦下“愛”に生きた男の物語”. ファッションプレス. (2019年11月5日). https://www.fashion-press.net/news/53436 2021年3月29日閲覧。 
  6. ^ “Cannes festival 2019: full list of films” (英語). The Guardian. (2019年5月6日). https://www.theguardian.com/film/2019/apr/18/cannes-festival-2019-full-list-of-films 2019年4月18日閲覧。 
  7. ^ Le Prix du Jury œcuménique 2019 décerné à 'A Hidden Life'” (英語). Jury oecumenique au Festival de Cannes. 2019年5月25日閲覧。
  8. ^ “72nd Annual Cannes Film Festival Held In Cannes, France From 14 To 25 May 2019” (英語). AffairsCloud. (2019年5月29日). https://www.affairscloud.com/72nd-annual-cannes-film-festival-held-in-cannes-france-from-14-to-25-may-2019/ 2019年6月7日閲覧。 
  9. ^ “Festival de Cannes 2019 – 23ème Prix François Chalais” (フランス語). IDmediacannes. (2019年7月1日). オリジナルの2019年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191021050530/https://idmediacannes.com/google.com,%20pub-3334889386093031,%20DIRECT,%20f08c47fec0942fa0/festival-de-cannes-2019-23eme-prix-francois-chalais/ 2019年10月20日閲覧。 
  10. ^ McNary, Dave (2019年8月23日). “Austin Festival Selects Terrence Malick’s ‘A Hidden Life’” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/news/austin-festival-selects-terrence-malick-hidden-life-1203312940/ 2019年10月20日閲覧。 
  11. ^ Vary, Adam B. (2020年1月17日). “Disney Drops Fox Name, Will Rebrand as 20th Century Studios, Searchlight Pictures” (英語). Variety. https://variety.com/2020/film/news/disney-dropping-fox-20th-century-studios-1203470349/ 2020年11月30日閲覧。 
  12. ^ 名もなき生涯”. ウォルト・ディズニー・ジャパン. 2020年6月5日閲覧。
  13. ^ A Hidden Life (2019)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年3月26日閲覧。
  14. ^ A Hidden Life Reviews” (英語). Metacritic. 2021年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]