ベルリン陥落1945

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルリン陥落1945
Anonyma – Eine Frau in Berlin
監督 マックス・フェーベルベックドイツ語版
脚本 マックス・フェーベルベック
製作 ギュンター・ロールバッハ
製作総指揮 マーティン・モスコウィック
出演者 ニーナ・ホス
エブゲーニ・スジヒン
音楽 ズビグニエフ・プレイスネル
撮影 ベネディクト・ノイエンフェルス
編集 ユア・J・リンド
公開 ドイツの旗 2008年10月23日
上映時間 131分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
ポーランドの旗 ポーランド
言語 ドイツ語
ロシア語
テンプレートを表示

ベルリン陥落1945』(ベルリンかんらく1945、原題: Anonyma – Eine Frau in Berlin)は、2008年のドイツ・ポーランド合作映画。ベルリンの戦い前後のベルリンを舞台としている。

概要[編集]

原題は、"Anonyma – Eine Frau in Berlin"(匿名 - あるベルリンの女性)である。あるドイツ人女性を中心に、1945年4月末のベルリン侵攻してきたソビエト軍兵士らの強姦および敗残兵狩り、そして、ドイツ人市民とソ連軍兵士の対話を描いた作品である。

1911年生まれで2001年死去のドイツ人女性の手記が、1954年アメリカ合衆国で出版されて売れた。1945年4月20日より6月22日までの日付となっている。1959年、署名入りで西ドイツで出版されたが、手記をまとめた女性に対して非難がなされた。彼女の死後、署名を明かさないということで再出版となる。日本において日本語訳として、白水社から、2008年より『ベルリン終戦日記―ある女性の記録』が、出版されている[1]

2008年マックス・フェーベルベックドイツ語版監督により、このドイツ人女性の手記が映画化された。ベルリン陥落前後のベルリン市民の苦悩が、イメージとして浮かび上がる内容となっている。ソビエト軍兵士の台詞はロシア語となっている。

日本では、日本語の字幕がつけられたDVDがリリースされている[2]

あらすじ[編集]

その女主人公は、ジャーナリストであった。ロシア語を話すことができた。夫のゲルトがドイツ軍兵士として出征するのを祝った。

1945年4月末、ベルリンに侵攻してきたソビエト軍が、ドイツ軍兵士が抵抗している箇所の制圧に当たる。ソビエト軍兵士が、主人公女性のいるアパートに入ってきた。彼らの中には、女性に乱暴を働くものもいる。止めさせるともできない住人たち。主人公女性も、乱暴されたが、取り仕切るソビエト軍将校たちに取り入り、自分たちの安全を確保しようとする。最初は「たった数分のことだ、たいしたことはないのに」とアンドレイ少佐はいうが。

初老のドイツ人男性を激しく殴打しているソ連軍兵士に対して、アンドレイ少佐は格闘して止めさせるのと同時に、武器を隠し持つ者およびそれをかくまう者を銃殺するということを宣言する。

1945年5月2日、ドイツのヴァイトリング司令官が、ベルリンでの降伏を宣言しドイツ人兵士の投降を指示する。ソ連軍兵士は歓喜する。強姦しようとしたソビエト軍兵士に対して発砲したドイツ軍敗残兵の兵士が見つかる。責任は、敗残兵とその妻として、他のものにはお咎めなしと、アンドレイ少佐は決定する。ドイツ人との関係をましなものとするため、アパート住人とソ連軍兵士とのパーティーが開かれる。日にちが立ち、アンドレイ少佐は、ベルリンから転任となる。

放心の夫ゲルトが、女主人公のところに戻ってきた。

キャスト[編集]

原作本[編集]

題名

Eine Frau in Berlin (意味:ベルリンのある女)

日本語訳

  • ベルリン終戦日記―ある女性の記録 山本浩司 訳 2008年5月27日 白水社 ISBN-13: 978-4560092088

脚注[編集]

  1. ^ n.p. (2008-05). ベルリン終戦日記―ある女性の記録. 白水社. ISBN 978-4560092088. 
  2. ^ ベルリン陥落1945 ASIN B0041Q4LT0

外部リンク[編集]