マルクス・エンゲルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルクス・エンゲルス[1]
(ドイツ語)Der junge Karl Marx
(フランス語)Le jeune Karl Marx[1]
監督 ラウル・ペック[1]
脚本 パスカル・ボニゼール[1]
ラウル・ペック[1]
製作 ニコラ・ブラン[1]
ロベール・ゲディギャン[1]
ラウル・ペック[1]
音楽 アレクセイ・アイギ[1]
撮影 コーリャ・ブラント[1]
配給 ハーク[1]
公開 ドイツの旗 ドイツ:2017年3月2日[2]
フランスの旗 フランス:2017年9月27日
日本の旗 日本:2018年4月28日[1]
上映時間 118分[1]
製作国 ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
 ベルギー[1]
言語 フランス語ドイツ語英語[2]
テンプレートを表示

『マルクス・エンゲルス』は、ドイツ思想家カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルスの若年期を描く伝記映画歴史映画である[3]

2017年2月12日ベルリン国際映画祭で初公開され、同年ドイツフランスで劇場公開された。史劇映画を対象とするフランスの映画賞fr:Festival international du film de fiction historiqueの最優秀映画賞ならびに脚本賞を受賞した[4]

出演者 - 配役[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z マルクス・エンゲルス”. 映画.com. 2017年12月30日閲覧。
  2. ^ a b (英語)Le jeune Karl Marx (2017)”. インターネット・ムービー・データベース. 2017年12月30日閲覧。
  3. ^ 生誕200周年!若くして"世界を変えようとした"-20世紀の偉大なる思想家 カール・マルクスとエンゲルスとの出会いを描く『マルクス・エンゲルス』公開!”. シネフィル. 株式会社Miramiru (2017年12月27日). 2017年12月30日閲覧。
  4. ^ 若き日のマルクスとエンゲルス描く映画 来年4月28日から岩波ホール他で公開”. はめにゅー. 株式会社破滅派 (2017年12月29日). 2018年1月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p (英語)Le jeune Karl Marx (2017) Full Cast & Crew”. インターネット・ムービー・データベース. 2017年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]