アイ・モール三好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイ・モール三好
i-MALL MIYOSHI
I-MALL Miyoshi 20151031.JPG
西棟(2015年平成27年)10月)
地図
店舗概要
所在地 愛知県みよし市三好町青木91番地(新商業都市株式会社)
愛知県みよし市三好町青木88番地
座標 北緯35度5分32.1秒 東経137度4分46.2秒 / 北緯35.092250度 東経137.079500度 / 35.092250; 137.079500 (アイ・モール三好)座標: 北緯35度5分32.1秒 東経137度4分46.2秒 / 北緯35.092250度 東経137.079500度 / 35.092250; 137.079500 (アイ・モール三好)
開業日 2000年平成12年)10月28日[2](グランドオープン)
正式名称 三好町ショッピングセンター[1]
施設所有者

新商業都市株式会社
+三好商業振興株式会社

→ 新商業都市株式会社
施設管理者

イオンリテール株式会社
+三好商業振興株式会社

→ イオンリテール株式会社
商業施設面積 40,793 m²
中核店舗 イオン三好店(旧称ジャスコ三好店[2]
MOVIX三好
店舗数 ÆONと70の専門店[2]
営業時間

イオン食品売場 / 8:00 - 23:00
イオン(食品以外) / 9:00 - 23:00
イオン(サービスカウンター) / 9:00 - 22:00
アイ・モール専門店街 / 10:00 - 22:00

MOVIX三好 / 10:00 - 24:00
駐車台数 2,500台(常設駐車場)
300台(臨時駐車場)台
最寄駅 赤池駅
最寄IC 東名三好IC
外部リンク アイ・モール三好 公式サイト
イオン三好店 公式サイト
i・MALL
テンプレートを表示

アイ・モール三好(アイ・モールみよし)は、愛知県みよし市三好町青木にあるショッピングセンターである。

概要[編集]

開業時から2018年平成30年)10月31日までは、みよし市が主要株主である三好商業振興株式会社[3]が中央棟の運営を行い、イオン連結子会社である新商業都市株式会社[4]が東棟(イオン三好店)の施設所有と西棟(大型専門店)の運営を行う方法を採用した。

2018年(平成30年)10月末にて三好商業振興株式会社の運営撤退に伴い、11月1日から中央棟の運営をイオン三好店が引き継ぎ、旧ジャスコシティ店舗と同様に、総合スーパー内の専門店扱いとなった。

専門店街の通称は、アイ・モールi・MALL)。また、イオン三好店(旧称ジャスコ三好店)を核店舗とすることから、あわせて「アイ・モールイオン三好店」などと呼ばれることもある。行政上の届出名(正式名称)は「三好町ショッピングセンター[1]」。

核店舗のイオン三好店は、イオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する[5]ことに伴って、2011年(平成23年)3月1日にジャスコ三好店[2]から改称された。

2階層のGMS棟のイオン三好店と同じく2階層のモール型のアイ・モール専門店街棟[6]と3階層のシネマコンプレックスMOVIX三好等が出店する西棟で構成する。

イオン三好店は1つの建物であるものの、店舗管理の関係で、イオン三好店の東棟・アイモール専門店街の中央棟・MOVIX三好の西棟という呼称を使用している。

ただし、お客様案内では東棟・中央棟は一切使用せず、店舗出入口名に限り、西棟を使用している

MOVIX三好はアイ・モール専門店街の屋内駐車場からも入る事が出来る。

歴史[編集]

  • 2000年平成12年)10月28日 - アイ・モール三好(アイ・モールみよし)開業[2]
    • ジャスコ(当時)三好店が入居する東棟とMOVIX三好(映画館)が入居する西棟が新商業都市(株)管理、中央棟が三好商業振興(株)管理として開業した。
  • 2011年(平成23年)3月1日 - 東棟の 「ジャスコ三好店」が「イオン三好店」に店名変更。
  • 2018年(平成30年)
    • 10月31日 - 三好商業振興株式会社がアイ・モール(中央棟)の運営から撤退。
    • 11月1日 - イオン三好店が中央棟の運営を引き継ぐ。

テナント[編集]

イオン三好店を核店舗として70の専門店が連なる[2]

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「イオン三好 アイ・モール ショップリスト」または「イオン三好 アイ・モール フロアガイド」を参照。


交通アクセス[編集]

公共交通機関 [編集]

路線バス[編集]

  • 名鉄豊田線 三好ヶ丘駅から、さんさんバス交流路線「くろまつくん」明知下公民館行きで35分、生活路線「さつきちゃん」福田児童館行きで55分。
  • 名鉄豊田線 黒笹駅から、さんさんバス交流路線「くろまつくん」明知下公民館行きで40分、生活路線「さつきちゃん」福田児童館行きで60分。
  • さんさんバスは、映画館側の西棟正面出入口横、ミスタードーナツ前にバス停があり、名鉄バスについては、知立駅発着と、赤池駅発着のうち諸輪経由がイオン敷地内の東出入口横、また和合・新屋経由で豊田市駅と赤池駅を結ぶバスは、イオン敷地内に乗り入れずに、道路上にあるため、行先とバス停の位置に注意が必要である。

バス停からの時間[編集]

  • 名鉄バス
    • イオン三好店アイモール前(新屋経由 赤池行きは、徒歩で約3分)
    • イオン三好店アイモール前(新屋経由 豊田市行きは、徒歩で約2分)
    • イオン三好店アイモール前(イオン三好店行きは、徒歩で約30秒)
  • さんさんバス
    • アイモール・イオン三好店(31番、徒歩で約3分)

自動車[編集]

2,500台の無料駐車場を完備。毎週土曜日・日曜日及び祝日、お盆、年末年始等繁忙日には臨時駐車場300台も使用可能。

東名高速道路 東名三好ICから愛知県道54号豊田知立線を車で約10分。

国道153号豊田西バイパス)沿い。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年6月末】 - 経済産業省 2012年平成24年)8月10日閲覧
  2. ^ a b c d e f “ジャスコ三好店と70の専門店街「アイ・モール」10月28日(土)オープン 愛知県西加茂郡三好町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年12月11日)
  3. ^ 広報みよし2013 No.1057
  4. ^ イオングループの財務関連の報告書では連結子会社として扱っている[1]。また、大規模小売店舗法ではイオン(総合スーパー)などの設置者として名前が挙がっている。三好町ショッピングセンター大規模小売店舗立地法指針項目チェックリスト[リンク切れ]Archived 2014年2月2日, at the Wayback Machine.
  5. ^ “新生イオン誕生控え、サティとジャスコが合同で「入社式」/茅ケ崎”. 神奈川新聞(神奈川新聞社).(2011年2月28日)
  6. ^ アイ・モール三好 フロアガイド”. アイ・モール三好. 2014年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]