アイスクリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイスクリン

アイスクリンは、アイスクリームの過去の呼称、またはそこから派生した、鶏卵砂糖脱脂粉乳などから作られる乳脂肪分3%以下の氷菓のこと。高知県沖縄県のものが有名。

特徴[編集]

アイスクリームをはじめとする、アイスクリーム類乳製品に比べ、乳固形分乳脂肪分の割合が小さく、氷菓に分類される。乳脂肪分が少ないために、貯蔵や輸送時の温度の変動などで一部のが融解、再結晶しやすく、全体的にシャリシャリとしたシャーベット状の食感となるほか、乳製品独特のコクがしつこくなく、あっさりとした味わいが楽しめる。

また、アイスクリームなどと同じように、香料(フレーバー)を調整することにより様々なバリエーションが存在する。アイスクリームにおけるバニラにあたる、もっとも代表的なフレーバーはバナナ香料で、ミルクセーキに近い味がする。

原材料[編集]

アイスクリンの原材料として、卵、糖分、脱脂粉乳、香料などが使われる。アイスクリーム類乳製品と異なる点として、卵を用いることや、油脂ゲル化安定剤乳化剤などは使われないことが多い。

製法[編集]

アイスクリンの製造は原料の混合・殺菌・攪拌凍結からなり、アイスクリームと比べて単純である。このことから、家庭でもアイスクリンを簡単に作るためのレシピも数多く公開されている。

原料の混合

原料を混合し完全に溶解させる。卵の変性を防ぐため常温で混合する。

殺菌

混合した原料を加熱し殺菌する。アイスクリンはアイスクリームなどと比べ、大型プラントで作られる機会が少ないため、連続流動式の高温瞬間殺菌法が用いられることが少なく、小型タンクやタブ型の容器を用いたバッチ式の殺菌法がとられていることが多い。

撹拌凍結

殺菌された原料を空気とともにフリーザーへ導入し、激しく攪拌しながら凍結させる。出来上がったばかりのアイスクリンはサクサクとした食感ではなく非常に滑らかである。時間の経過とともに、含有水分が再結晶することによってシャーベット状の食感が生まれる。

アイスクリンの最終工程はアイスクリームの製造工程に含まれるものであり、この時点で取り出されたアイスクリームはソフトクリームと呼ばれる。そのため製造工程から見れば、アイスクリンはアイスクリームよりソフトクリームに近い。

歴史[編集]

アイスクリンの歴史は、日本でのアイスクリームの歴史から派生したものである。

1860年万延元年)に臨海丸で渡米した使節団がアイスクリームを食べた際、「あいすくりん」と呼んだ。1869年(明治2年)に日本初のアイスクリームを横浜馬車道で元旗本の町田房造が「あいすくりん」の名称で販売した[1]。当初は外国人にしか売れなかったが、1年のうちに評判を呼び、東京の西洋料理店や西洋洋菓子店のメニューに加わった[1]のをはじめ日本中に広がっていった。その後、アイスクリンは物資事情などから、生クリーム牛乳の代わりに脱脂粉乳や卵を用いたものに変化し、アイスクリームから派生した現在のアイスクリンが生まれたものと考えられる。

かつては全国各地で製造販売されていたアイスクリンであるが、大手メーカーの進出や消費者の高級品志向によって衰退し、現在では後述する一部の地域にのみ残された特産品のような扱いとなっている。

販売・消費形態[編集]

アイスクリンが販売されている地域はかなり少なく、主に高知県や沖縄県、また、横浜市の一部や倉敷市の美観地区、大阪城公園内などで販売されている。この中でも高知県では県内どこでも販売されており、高知県内では最もポピュラーなアイスクリームである。最近でこそ高知県内ローカル色の強い(他地域では売られていない)ものとして認識が広まってきたが、それでも高知県出身者が他県に無いのを驚いたり、他県の人が高知県内を旅行中バニラアイスだと思って買ったものが違う味だった(アイスクリン自体についてはおおむね好評のようである)というエピソードには事欠かない。

これらご当地色の濃いアイスクリンの販売形態はおもに屋台など移動式店舗が一般的で、公道脇の歩道やイベント会場でパラソルを広げている様子が見られる。沖縄県では週末や祝日限定で、街道沿いに女子高生アルバイトで販売する屋台が立つ。いずれも個別にパッケージされている場合は少なく、コーンに1食分を取り分けて販売する。

また、パッケージされた商品も、それらの地域ではショッピングセンタースーパーマーケットなどで店頭販売されているほか、インターネットなどを通じた通信販売もなされている。さらに、首都圏など他地域の小売店に並ぶこともある。他、2008年前後に岡山県氷菓メーカーオハヨー乳業より「昔なつかしアイス」として商品化され、各地の生協店舗を中心に全国販売された(キャッチセールス「生卵・生乳入り」「素材の味を大切に」が蓋に印刷されている)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 畑中三応子『ファッションフード、あります。』2013年、紀伊國屋書店 ISBN 9784314010979

関連項目[編集]