てくてくエンジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

てくてくエンジェルとはハドソンが発売した歩数計機能付き携帯型育成ゲーム機である。

概要[編集]

初代は1997年12月18日に発売。歩数計として使用するだけでキャラクターの育成を行える手軽さと健康意識の高まりから、爆発的なヒットは起こらなかったが地道に売れ続け、最終的に250万台の売り上げを記録。1999年2月10日には、日経産業新聞優秀賞を受賞。同年3月5日には登場キャラクター数を増やした第二弾、てくてくエンジェルDue が発売された。

関連商品として育成日記や携帯ストラップが発売された。

また、2006年12月21日に第三弾としてニンテンドーDSとのパスワードによる連携機能を備えた、てくてくエンジェルPocketが発売された。

基本仕様[編集]

使用開始時に一日のノルマ(自動、3000歩、5000歩、7000歩、10000歩)と育成期間(30日、40日、60日、90日、120日)を設定する。目標歩数をクリアできたか否かでキャラクターが変化する。また、使用者の体重と歩幅を入力することで、消費カロリーと移動距離が表示される。

Dueでは、「おさんぽモード」が追加され、モード中のみの歩数もカウントすることが出来る様になった。

Pocketでは、それに加えそれまでの履歴が保存され、いつでも閲覧が可能。加速度センサーも付いており、ポケットや鞄の中でも歩数をカウントすることが出来る。一方で洋服に引っ掛けるフックはついていない。

てくてく日記[編集]

「DSてくてく日記」は、てくてくエンジェルPocketと同時発売されたゲームソフト。Pocket本体との同梱版もある。本体に12文字のパスワードを表示させ、その日の歩数とキャラクターをDSソフトで記録する。要領としては、ファミリーコンピュータ時代を彷彿とさせる。さらにその日の食事・体重・体脂肪率も記録しグラフ表示することが可能。

なお、DS版の体験版の携帯電話用アプリが無料で配信されている。