たまさぶろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

たまさぶろ1965年11月13日 - )は、日本エッセイストバー評論家。東京都渋谷区生まれ。千葉県立四街道高等学校立教大学文学部英米文学科卒業。ニューヨーク市立大学大学院ニューヨーク大学大学院。出版社勤務を経て、ベルリッツCNNに勤務。ニューヨーク在住中よりフリーランスの執筆活動に入り、主に雑誌『男の隠れ家』などにバーの原稿を執筆。バー評論家となる[1]

経歴[編集]

 東京都渋谷区出身。高校の近所にあった「ブギー・ウギー・ハウス」という宇崎竜童の甥が経営するバーに通い始めたのが、バーの原体験と著書で語っている[2]。 立教大学在学中より光文社『週刊宝石』にて編集記者となる。音楽雑誌『FMステーション』などの勤務を経て渡米。ニューヨーク大学、ニューヨーク市立大学修士課程においてジャーナリズムを専攻。この頃、フリーランスとして執筆活動をスタート。その後、ニューヨーク市のベルリッツ翻訳事務所、ジョージア州アトランタ市CNN本社にてChief Director of Sportsとして勤務するなどし、帰国。

 本名(非公開)および別ペンネームなどで男性誌に寄稿をするが、「食べログ」で「バーの悪口を書くため」に作った「たまさぶろ」のペンネームで「【東京】ゆとりを愉しむ至福のBAR」を上梓。以降、バー評論家として活動している。お酒のエッセイをまとめたメルマガ「たまさぶろの人生遊記[3]」連載中。

「食を通じて日本を元気に!」を合言葉に、フードジャーナリスト、グルメブロガーのオールスターチーム「食べあるキング」のメンバーでもある[4]

 また、毎日新聞マイクロソフト社による協業ニュースサイト「MSN毎日インタラクティブ」のファウンダー、プロデューサーとしての肩書を持つ一方、元雑誌編集者としての視点を活かし、雑誌創刊号について論じるメディア・ソリューショニストでもあり、MLB日本語公式サイトのプロデューサー、東京マラソン初代広報ディレクターを務めるなどスポーツ・ビジネス界でも活動する[5]

出演番組[編集]

作品一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ たまさぶろ:作品一覧、著者略歴 - Amazon.co.jp
  2. ^ 著作「【東京】ゆとりを愉しむ至福のBAR」中、コラム「バー原体験」より
  3. ^ 「たまさぶろの人生遊記」
  4. ^ たまさぶろ - 食べあるキング
  5. ^ たまさぶろ -プロフィール
  6. ^ 読みテレ
  7. ^ 名テレ

外部リンク[編集]