さそり座シグマ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さそり座σ星[1]
Sigma Scorpii
星座 さそり座
視等級 (V) 2.89[1]
2.86 - 2.94(変光)[2]
変光星型 ケフェウス座β型変光星[1](BCEP)[2]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 16h 21m 11.31571s[1]
赤緯 (Dec, δ) -25° 35′ 34.0515″[1]
固有運動 (μ) 赤経: -10.60 ミリ秒/年[1]
赤緯: -16.28 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 4.68 ± 0.60 ミリ秒[1]
距離 696.58 ± 102.44光年[注 1]
(213.68 ± 31.42パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -3.759[注 2]
Scorpius IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
さそり座σ星の位置
物理的性質
半径 12.7 ± 1.8 R[3]
質量 18.4 ± 5.4 M[3]
17.2-18.0 M[4]
表面重力 3.85[3]
自転速度 25 km/s[5]
スペクトル分類 O9.5(V)+B7(V) [1]
光度 (2.9 ± 0.8) × 104 L[3]
95,500 L[4]
表面温度 26,150 ± 1,070 K[3]
27,700 K[4]
色指数 (B-V) +0.13[1][6]
色指数 (U-B) -0.70[1][6]
金属量[Fe/H] -0.20 ± 0.20[7]
年齢 (8.0 ± 0.2)×106[8]
(8-10)×106[4]
別名称
別名称
さそり座20番星[1]
CD -25 11485[1]
FK5 607[1], HD 147165[1]
HIP 80112[1], HR 6084[1]
SAO 184336[1]
■Project ■Template
さそり座σ星B[9]
視等級 (V) 8.26[9]
位置
元期:J2000.0[9]
赤経 (RA, α) 16h 21m 09.843s[9]
赤緯 (Dec, δ) -25° 35′ 33.05″[9]
固有運動 (μ) 赤経: -4.54 ミリ秒/年[9]
赤緯: -24.01 ミリ秒/年[9]
絶対等級 (MV) 1.611[注 2]
物理的性質
半径 11 R[3]
質量 11.9 ± 3.1 M[3]
スペクトル分類 B9.5V [9]
光度 (1.6 ± 0.4) × 104 L[3]
色指数 (B-V) 0.25[9]
色指数 (U-B) -0.23[9]
軌道要素と性質
元期:(近星点元期)
34889.0 ± 1.0 MJD[3]
軌道長半径 (a) 3.62 ± 0.06 ミリ秒[3]
離心率 (e) 0.3220 ± 0.0012[3]
公転周期 (P) 33.010 ± 0.002 日[3]
軌道傾斜角 (i) 158.2 ± 2.3 °[3]
近日点引数 (ω) 283 ± 5 °[3]
昇交点黄経 (Ω) 104 ± 5 °[3]
別名称
別名称
CD -25 11485B[9]
■Project ■Template

さそり座σ星(さそりざシグマせい、σ Sco, σ Scorpii)は、さそり座にある恒星で3等星。

概要[編集]

ヒッパルコスによる視差の測定より、地球からの距離は696光年(214パーセク)と推定されている[10]。2007年にNorthらは、さらに正確な568+75-59光年(174+23-18パーセク)という推計値を出した[3]

恒星系の主星は、二重線の分光連星であり、望遠鏡では解像できない。その代り、ドップラーシフトによるスペクトルの変化から軌道は確定しており、33.01日の軌道周期で軌道離心率は0.32と推定されている[3]

連星系の主星さそり座σ星Aは、スペクトル型B1 IIIから巨星への進化の途上にある[11]太陽質量の約18倍、太陽半径の約12倍で[3]有効温度26,150Kの外層から太陽の29,000倍の光を放出する[3]ケフェウス座β型変光星であり、視等級は+2.86から+2.94まで0.2468429日、0.239671日、8.2日の複数の周期で変化する。それぞれの周期で、恒星の温度は4,000K ± 2,000Kの範囲で変化する[3]

伴星のさそり座σ星Bは、スペクトル型B1 Vの主系列星である[3]。この連星の周りを約0.5秒離れて100年以上の周期で公転するのが、+5.2等級のさそり座σ星Cである。この距離は少なくとも120天文単位で、太陽海王星の距離の約4倍である。さらに遠く約20秒、4500天文単位以上離れた位置に+8.7等級のB9型の主系列星であるさそり座σ星Dがある。

その位置、若さ、空間速度から、さそり座σ星系はグールド・ベルト[12]、特にさそり-ケンタウルス座運動星団のサブグループUpper Scorpiusのメンバーであると考えられている。最近の年代推定により、さそり座σ星の年齢は8000万歳から1億歳で、主系列星の段階にあると考えられている[3][4]。これは、このサブグループの年齢が1億1000万歳と推定されていることとよく一致している[4]

名称[編集]

さそり座τ星及びさそり座σ星とτ星から構成されるアステリズムと同じく、アラビア語で「動脈」[13]という意味のal-niyāţ に由来するアル・ニヤト[14] (Al Niyat[13]) という固有名を持つ。

文化[編集]

ビクトリア州北西部のブーロン族は、この恒星とさそり座τ星をアンタレス(Djuit)の妻とみなしていた[15]

画像[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ a b 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s SIMBAD Astronomical Database”. Results for sig Sco. 2015年10月10日閲覧。
  2. ^ a b GCVS”. Results for sig Sco. 2015年10月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v North, J. R. et al. (September 2007), “Orbital solution and fundamental parameters of σ Scorpii”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 380 (3): 1276–1284, arXiv:0707.0897, Bibcode 2007MNRAS.380.1276N, doi:10.1111/j.1365-2966.2007.12188.x 
  4. ^ a b c d e f Mark J. Pecaut, Eric E. Mamajek, & Eric J. Bubar (February 2012). “A Revised Age for Upper Scorpius and the Star Formation History among the F-type Members of the Scorpius-Centaurus OB Association”. Astrophysical Journal 746 (2): 154. http://adsabs.harvard.edu/abs/2012ApJ...746..154P. 
  5. ^ Abt, Helmut A.; Levato, Hugo; Grosso, Monica (July 2002), “Rotational Velocities of B Stars”, The Astrophysical Journal 573 (1): 359–365, Bibcode 2002ApJ...573..359A, doi:10.1086/340590 
  6. ^ a b 輝星星表第5版
  7. ^ Niemczura, E.; Daszyńska-Daszkiewicz, J. (April 2005), “Metallicities of the β Cephei stars from low-resolution ultraviolet spectra”, Astronomy and Astrophysics 433 (2): 659–669, arXiv:astro-ph/0410440, Bibcode 2005A&A...433..659N, doi:10.1051/0004-6361:20040396 . Note: value taken from [m/H].
  8. ^ Tetzlaff, N.; Neuhäuser, R.; Hohle, M. M. (January 2011), “A catalogue of young runaway Hipparcos stars within 3 kpc from the Sun”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 410 (1): 190–200, arXiv:1007.4883, Bibcode 2011MNRAS.410..190T, doi:10.1111/j.1365-2966.2010.17434.x 
  9. ^ a b c d e f g h i j k SIMBAD Astronomical Database”. Results for sig Sco B. 2015年10月10日閲覧。
  10. ^ van Leeuwen, F. (November 2007). “Validation of the new Hipparcos reduction”. Astronomy and Astrophysics 474 (2): 653–664. arXiv:0708.1752. Bibcode 2007A&A...474..653V. doi:10.1051/0004-6361:20078357. 
  11. ^ Houk, Nancy (1978), Michigan catalogue of two-dimensional spectral types for the HD stars, 4, Ann Arbor: Dept. of Astronomy, University of Michigan, Bibcode 1988mcts.book.....H 
  12. ^ Bobylev, V. V.; Bajkova, A. T. (September 2007), “Kinematics of the Scorpius-Centaurus OB association”, Astronomy Letters 33 (9): 571–583, arXiv:0708.0943, Bibcode 2007AstL...33..571B, doi:10.1134/S1063773707090010 
  13. ^ a b Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern Star Names. Sky Publishing. p. 53. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  14. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣、1996年6月30日、139頁。ISBN 4-7699-0825-3 
  15. ^ Hamacher, Duane W.; Frew, David J. (2010). “An Aboriginal Australian Record of the Great Eruption of Eta Carinae”. Journal of Astronomical History & Heritage 13 (3): 220–34. http://arxiv.org/ftp/arxiv/papers/1010/1010.4610.pdf.