さそり座タウ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さそり座τ星[1]
Tau Scorpii
星座 さそり座
視等級 (V) 2.81[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 16h 35m 52.95285s[1]
赤緯 (Dec, δ) -28° 12′ 57.6615″[1]
赤方偏移 0.000007[1]
視線速度 (Rv) 2.0 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -9.89 ミリ秒/年[1]
赤緯: -22.83 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 6.88 ± 0.53 ミリ秒[1]
距離 473.84 ± 39.55光年[注 1]
(145.35 ± 12.13パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -3.002[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 B0.2V [1]
色指数 (B-V) -0.25[2]
色指数 (U-B) -1.03[2]
別名称
別名称
さそり座23番星[1]
CD -27 11015[1]
FK5 620[1], HD 149438[1]
HIP 81266[1], HR 6165[1]
SAO 184481[1]
■Project ■Template

さそり座τ星(τ Sco / τ Scorpii)は、さそり座恒星で3等星。青白色のB型主系列星である。

磁場[編集]

さそり座τ星の表面磁場

さそり座τ星は磁界を持ち、その表面磁場はZeeman-Doppler imagingによってマップ化されている[3]

X線源[編集]

さそり座τ星はOB型星であり、X線オージェ効果により、過イオン化を起こす[4]ROSATの観測で、さそり座τ星は通常のB0V星よりも強いX線スペクトルを持つことが明らかとなった[4]。エネルギーの範囲は0.8-1.2keVを越える[4]

XMM-Newtonによるさそり座τ星からのX線スペクトルの硬成分の観測により、プラズマの塊が恒星に落ち込んでいることが示唆された[4]

名称[編集]

さそり座σ星と同じく、アラビア語で「動脈」[5]という意味のal-niyāţ に由来するアル・ニヤト[6] (Al Niyat[5]) という固有名を持つ。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Results for tau Sco. 2015年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 輝星星表第5版
  3. ^ Donati et al., 2006, MNRAS 370, 629, "The surprising magnetic topology of τ Sco: fossil remnant or dynamo output?"
  4. ^ a b c d Mewe R, Raassen AJJ, Cassinelli JP, van der Hucht KA, Miller NA, Güdel M (2003). “High-resolution X-ray spectroscopy of τ Scorpii (B0.2V) with XMM-Newton”. Astron Astrophys. 398: 203-11. doi:10.1051/0004-6361:20021577. http://dare.uva.nl/document/40494. 
  5. ^ a b Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern Star Names. Sky Publishing. p. 53. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  6. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣、1996年6月30日、139頁。ISBN 4-7699-0825-3