かっとばせ!キヨハラくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かっとばせ!キヨハラくん
ジャンル 野球漫画ギャグ漫画
漫画
作者 河合じゅんじ
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
コロコロアニキ
レーベル てんとう虫コミックス
→てんとう虫コロコロコミックス
発表期間 月刊:1987年6月号 - 1994年4月号
アニキ:第1号 - 第4号
巻数 全15巻
テンプレート - ノート

かっとばせ!キヨハラくん』は、河合じゅんじによる日本プロ野球ギャグ漫画作品。1987年の『別冊コロコロコミック』(小学館)、『コロコロコミック増刊号』での読み切り掲載の後、『月刊コロコロコミック』同年6月号から1994年4月号にかけて連載された。その後『コロコロアニキ』にてリバイバル連載されたが、第5号にて諸事情のため打ち切りとなり、代作として『いつかのホームラン』が掲載された。 コミックスは全15巻。愛称は「キヨハラくん」、「キヨクワくん」。

作品解説[編集]

西部ライアンズの「キヨハラ」を始め、様々なプロ野球選手・関係者が繰り広げるギャグ漫画

登場人物は実際のプロ野球選手がカタカナで登場している。ただし外国人選手は主にその名前をひねった名前(主に濁点・半濁点を取ったり付けたり、やや似ている文字で代用したり)で登場している、次作の『ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん』については連載途中から外国人選手はひらがな表記となっている。

球団名も実際のものを少しひねった名前だが、広島東洋カープは「東洋」の部分が省略され、「広島カーブ」と呼ばれ、読売ジャイアンツは、地名から「東京カイアンツ」と呼ばれる(当時の正式な球団名は東京読売ジャイアンツである)。さらに他球団の略称は現実同様、企業名または地域名だが、カイアンツの略称は「東京」ではなく、そのまま「カイアンツ」と呼ばれる。たとえば西部ライアンズ対東京カイアンツは、西部対東京ではなく、「西部対カイアンツ」と表記される。ただし、第1話に関しては1987年発売の『月刊コロコロコミック春休み増刊号』掲載時は、球団は実名のまま表記されていた(「西武」「巨人」など)。なお、PL学園は当時からLP学園表記であったが、他の話では雑誌掲載時に選手名が実名で登場した例が見られた(「阪神のユフネ(湯舟敏郎)」など)、これらの実名表記は、全てコミックスでは修正されている。

当初は、1987年のオールスター戦ではパシフィック・リーグがホーム用、セントラル・リーグビジター用ユニフォームを着用していたなど、ビジター用ユニフォームも描かれていたが、その後ビジターのチームでもユニフォームがホームのものとなっている。

月刊連載であるが、最盛期はキヨハラ主役の『かっとばせ!キヨハラくん』とクワタ主役の『がんばれ!クワタくん』(のち『やったぜ!クワタくん』)の二本立てで、『別冊』にもしばしば掲載された。ただし「クワタくん」シリーズは、単行本では全て『かっとばせ!キヨハラくん』の一エピソードの扱いになっている。

2014年から発売されたコロコロアニキでは、続編が製作された。しかし同誌第5号(2016年3月15日発売)にて掲載を予定していた同作品は、同時期にモデルとなった清原和博が起こした不祥事の影響(公式では諸般の事情)により休載、後に1話限りのオリジナル読み切り「いつかのホームラン」を挟んで『ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん』の連載開始により正式に連載が打ち切り[1][2]

球団名(モデルとなった球団)[編集]

パッパ・リーグ(パシフィック・リーグ)[編集]

セント・リーグ(セントラル・リーグ)[編集]

球場名(モデルとなった球場)[編集]

パ・リーグ[編集]

セ・リーグ[編集]

登場人物(モデルとなった選手・人物)[編集]

作中の描写と類似した実際の出来事[編集]

河合が本作で描いたストーリーと類似した出来事(選手の移籍、監督の就任等)が、後日実際に発生したケースがある。

作品の内容 実際の出来事
1 キヨハラがカイアンツに紛れ込む。三塁に滑り込んだ際にタッチをしたオチアイが気づき「清原が来ると三冠王が取れない」とオーに抗議。 清原が1996年オフにFA宣言をして巨人に移籍。当時巨人に在籍していた落合博満は清原の巨人移籍により日本ハムに自ら移籍した。
5 クワタが優勝を逃して落ち込むオー監督のために、オチアイ、ヒロサワ、ポンシェコバヤカワをカイアンツに入団させる。(ただし1球団につき5人の選手を放出することが条件で、ナカハタは横はば太洋のコバ監督に連れて行かれそうになる。) 落合博満は1993年オフ、広澤克実1994年オフにそれぞれFA宣言して巨人に移籍。中畑清は、2012年に横浜大洋の後身のDeNAの監督に就任する。
5 ヒガシオが「モリさんの次の監督はオレだ」とボケる。 6年後の1995年東尾修森祇晶の後任として、西武の監督に就任。
5 タイエーのスギウラ監督から入団を誘われたヒガシオが、「お前らも来るか?」とアキヤマ、イシゲ、クドーの3人をタイエーに連れて行こうとする。 秋山幸二1993年オフに交換トレードで、石毛宏典工藤公康は1994年オフにFA宣言をしてダイエーに移籍。
9 タイエー戦だから遊んでみようと思ったモリ監督が、デラストーデをピッチャーに起用(しかしクワタのイヤガラセで登板できず)。 東尾が監督に就任した1995年オレステス・デストラーデは公式戦(対オリックス)でピッチャーとして登板[3]
9 オリッグスのフーマーが、タイエーのユガミダニに変装してタイエーの選手として出場 。 2年後の1992年ブーマー・ウェルズはダイエーに移籍。
10 話題作りのため、近鉄とオリッグスが連合チーム「オリッ鉄バッパローブス」を結成。 2004年球界再編問題において、同年オフに近鉄がオリックスに吸収合併され、翌2005年からオリックス・バファローズとなる。
14 ノムラ監督にしごいてやると連れて行かれたカズシゲに対し、ナガシマ監督が「来年はきっとトレードで獲得してやるからなー」と発言 直後の1993年オフ、長嶋一茂は金銭トレードで巨人に移籍。

脚注[編集]

  1. ^ コロコロアニキ読者の皆様へ - 小学館
  2. ^ “「番長」逮捕でギャグ漫画「かっとばせ!キヨハラくん」が休載決定 クワタは“悪役”キャラで登場”. 産経新聞. (2016年2月9日). http://www.sankei.com/sports/news/160209/spo1602090022-n1.html 2016年2月11日閲覧。 
  3. ^ 1995.5.9 デストラーデ選手が投手として登板 Archived 2016年3月12日, at the Wayback Machine. - 埼玉西武ライオンズ(「ライオンズ・クラシック 2014」特設サイト(ビジターユニフォーム エピソード))、2016年2月11日閲覧

関連項目[編集]