おいでよ どうぶつの森 〜ペッパー村のナッツ!〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おいでよ どうぶつの森 〜ペッパー村のナッツ〜』(おいでよどうぶつのもり ペッパーむらのナッツ)は、任天堂のコンピュータゲーム『どうぶつの森』シリーズの4作目『おいでよ どうぶつの森』をモチーフにした、矢高鈴央作の4コマ漫画である。月刊コロコロコミック2006年7月号から連載開始され、2007年2月号で終了した。

主な登場人物[編集]

ナッツ
ペッパー村に引っ越してきた主人公帽子が特徴の少年。なぜか帽子の裏にバンソウコウがはってある。この漫画ツッコミ役。誕生日は7月22日(ハッケミィ談)。
たぬきち(Tom Nook)
ゲームでもおなじみのお店屋さん。ナッツの家のリフォームを引き受けている。それなりに技術はあるようだ。
コトブキ(Tortimer)
ゲームでもおなじみの村長。ナッツには全然対応せず女の子(ブーケなど)には対応するという差別傾向がある。例えば、村長から花火を貰おうとした時ナッツには線香花火1本しか渡さなかったがブーケにはちゃんとした花火セットを渡したとか。
リセットさん(Mr. Resetti)
ゲームでもおなじみの炎の説教おやじ。注意のためなら家の中までもついてくる。自分がやったことにナッツを怒るなど少々ボケている。あと「お前もたまにはええ事するやないかー!!」とほめているのか怒っているのか分からない表現をする。影の主役ともいえるくらい出番が多い。
マスター(Brewster)
ゲームでも喫茶店を開いているマスター。普段は無口で何を言いたいのか分からない。しかし大声で歌を歌うこともある。一回大サービスをしたことがある。
ブーケ(Rosie)
村長に気にいられている第一人者。本人は気づいてないようだが、村長にのぞき見(展望台から)されたり、愛嬌を振りまいている。そのかわいさは「プリリン」と言う表現を出すぐらい。
ピータン(Bill)
ナッツの友達。化石掘りが趣味。