いすゞ・810

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
810EX(後期最終型)

810(はちいちまる)はいすゞ自動車がかつて製造していた大型トラックである。ネーミングの由来は開発コード「810」=「ハッテン、発展」である。

概要[編集]

1983年ニューパワーシリーズの後継車として登場した。車両型式はこのモデルよりトラック単車系はC□△XX#、セミトラクタヘッドはE□△XX#と改められ、□は積載量、△は車軸数と形式を、XXはエンジンを、#は全長を示し、この車輛型式は後継車のギガにも引き継がれている。先代型のニューパワーでは同形態のシャーシでも搭載エンジンや積載量によりシャーシ記号が異なっていた。

エンジンは直列6気筒の6RB1(エンジン記号は18)や6QA1(14)ターボV型8気筒P系エンジンを搭載、ダンプP-CXZ21等やセミトラクタヘッドP-EXD21等にはV型12気筒12PC1が設定されていた。パーキングブレーキはニューパワーのステッキ式からレバー式に変更された。

810シリーズは流行に合わせ、マイナーチェンジでヘッドランプ形状が丸目4灯→角目4灯→異形2灯に変更されているが、810発表の翌1984年にモデルチェンジされたエルフ1985年にモデルチェンジされたフォワードは、最初から角型4灯であった。海外では初代Cシリーズ及びEシリーズとして販売される。

歴史[編集]

  • 1983年8月、ニューパワーの後継車として810シリーズが登場した。国産トラックの中でフルモデルチェンジの時期は遅いグループであった(三菱ふそう・ザ・グレートも810とほぼ同時期の登場である)が、ヘッドライトは丸目4灯式であった。P-C##系。予熱や停止がイグニッションキーのみで行えるエンジンワンキーシステムが装備され、バッテリーリレースイッチが廃止される。また、助手席と中央席を倒してベッドを拡張できるマルチユースシート&ベッドを装備した。フォグランプは日産ディーゼル・レゾナと同じ。
  • 1983年9月トラクタを追加。セミトラクタのうち2軸車がEXR、3軸車(2デフ)がEXZと改名、整理された。CXG、CXZにフルトラクタを追加。セミトラクタのフロントリッドの黒帯上部には「TRACTOR」ロゴとストライプが入り、単車のカーゴ系と差別化を図っていた。
  • 1986年2月マイナーチェンジ、サブネームが付き車名が810スーパーとなる。昭和60年騒音規制対応。ヘッドライトを丸目4灯から長方形の角目4灯へ変更。ヘッドライトの面積が違うため、フロントリッド下部の形状も逆凸型から直線になっている。ステアリングロックが装備された。新開発ターボエンジン6SD1をCXH23等に新搭載。フロントフェンダーゴム、ステップの形状もこの時変更された。
810スーパー(前期型)
  • 1987年7月カーゴ系にエアサスペンション装備車を追加。車高を一定に保つレベリングバルブを装備した。また、CXGフルトラクタにインタークーラーターボの6RB1型を搭載した。
  • 1989年9月マイナーチェンジ、810スーパー II となる。ラジエーターグリルを変更、内装フルトリム化。永久磁石リターダーのオプション設定。平成元年(2年)排出ガス規制に適合(U-**化でV型P系シリーズはPDとなる)。U-CXG72、W-EXD72、W-EXR72、W-EXZ72等。バンパーにコーナーゴム追加、速度表示灯ケースの形状が変更され、それまでキャブ同色だったが黒色が基調とされた。ISUZUロゴの上下のラインが白く塗装されている。
    810スーパーⅡ
  • 1991年1月永久磁石式リダーダをU-CXM23VとU-CXG23Xに装備。
  • 1991年5月セミトラクタ全車にABSと自動体重調整機構付きエアサスシートを標準装備。
  • 1992年7月ビッグマイナーチェンジ、810EX(はちいちまるエックス)となる。U-C##系。フロントマスクを一新し、ヘッドランプを規格型の角目4灯から専用デザインの異型2灯に変更。このヘッドライトは90年以降のエルフフォワードスーパークルーザーと同じもの。西工ネオロイヤルC型・92MCと富士重17型・後期型(日産ディーゼル製シャーシー以外)もこのヘッドライトを装着している。このライトは従来の角目4灯と同じサイズであるため、810EX用のライトをレゾナスーパードルフィンに移植するという改造も見受けられる。ISUZUロゴを現在のフォントに変更。カーゴ系ではISUZUロゴは白色だが、セミトラクタではメッキになり、フロントリッド下部もメッキモール化することにより差別化されている。「TRACTOR」ロゴは小さくなり、黒帯の上から黒帯の下へ移動した。フォグランプがヘッドライトに内蔵されたため、バンパーもデザインが変更された。直6ターボ系は6RB1から24バルブOHC6WA1系への変更し、U-CXM50等となる。リターダー一部標準化。一部グレードにはコンピュータ制御でブレーキ力を保持する坂道発進補助装置(HSA)が付く。
  • 1995年全輪駆動車も生産終了。

ラインナップ[編集]

  • CXM 6×2R
  • CXL 6×2R(エアサス
  • CXK 6×2R(NKサス、軽量リーフサス
  • CXH 8×4
  • CVZ 6×4(低床車)
  • CXZ 6×4
  • CXG 6×2F
  • CVR 4×2
  • EXR 4×2 セミトラクタ
  • EXD 4×2 セミトラクタ(エアサス)
  • EXZ 6×4 セミトラクタ
  • CVS 4×4 セミトラクタ
  • CVS 4×4 除雪車
  • CXW 6×6 除雪車
  • ZYZ 6×2 構内専用車 (15t)
  • ZZZ 6×2 構内専用車 (20t)

搭載エンジン[編集]

下表の“区分”は車両型式のアルファベット3文字(上記のC**またはEX*)の次位の数字2桁を示す。

区分 エンジン型式 形態・方式 排気量(cc) 出力帯(PS) 搭載期間
18 6RB1-TC1 直6・インタークーラーターボ 13,741 320 1983-1989
19 10PC1-N V10・NA 15,014 295 1983-1989
10PC1-S 330
21 12PC1-N V12・NA 18,010 355 1983-1989
12PC1-S 390
23 6SD1-TC1 直6・インタークーラーターボ 9,839 280 1986-1994
6SD1-TC2 300
50 6WA1-TCS 直6・インタークーラーターボ 12,068 315 1992-1994
6WA1-TCC 350
71 10PD1-N V10・NA 16,683 305 1989-1994
10PD1-S 340
10PD1-H 355
72 12PD1-N V12・NA 20,019 365 1989-1994
12PD1-C 395
12PD1-S 425

関連項目[編集]