いいやつみつけた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みんなのうた
いいやつみつけた
歌手 ダークダックス
作詞者 阪田寛夫(訳詞)
作曲者 イギリス民謡
編曲者 荒谷俊治
映像 アニメーション
映像制作者 柳原良平 / 亀井武彦
初放送月 1965年6月-7月
再放送月 1966年8月
テンプレートを表示

いいやつみつけた」は、イギリスアメリカ合衆国などの英語圏で広く知られるわらべ歌「Pop Goes the Weasel」に日本語の歌詞を施した楽曲。

本項では、原曲および同じ曲に別の日本語歌詞をつけた楽曲も解説する。

英語原曲[編集]

原曲はイギリス民謡「Pop Goes the Weasel」。イタチサルの歌である。

原曲は『ロンパールーム』(日本テレビ系列)のテーマ曲に起用されたほか、日本コロムビアの子供向け楽曲のアルバム[1]に「いたちがぴょんとはねてでる!」の邦題で収録されることがある。

また、The Wonder Choirの歌唱、田邊和子の監修による英語学習CD『歌って遊べる英語のうた ゆかいな牧場(どうぶつ)』(2000年10月21日発売)には「パッといたち」の邦題で収録され、佐藤允彦トリオの演奏による子供向け楽曲のジャズアレンジアルバム『童心戯楽』(2014年7月18日発売)では「ぴょんっとイタチ」の邦題で収録されている。

日本語訳詞[編集]

いいやつみつけた[編集]

日本語版「いいやつみつけた」は、阪田寛夫の訳詞による。歌詞の登場動物はイタチとニワトリ(メンドリ)に変えられている。また歌詞の「ピョン! こいつぁいいぞ」は、恐らく原曲の歌詞にもある「Pop Goes the Weasel」の語呂合わせと思われる。内容は裏畑でイタチとニワトリがお互いを見て、イタチはニワトリを「晩飯にしよう」、ニワトリはイタチを「襟巻きやチョッキにしよう」と企み、近付いた途端、双方は仲良しになってしまうという、意表をついた展開となっている。

荒谷俊治の編曲、ダークダックスの歌で1965年6月NHKの『みんなのうた』で紹介された。また、同じくNHKの『歌のメリーゴーラウンド』でも放送された。

水星社の楽譜集「みんなのうた 第5巻」には楽譜のほか、柳原良平と亀井武彦の共同製作によるアニメ映像の一部が収録されている。

『みんなのうた』での再放送は1966年8月の1回のみ。2016年12月映像、音声ともに残っておらずそれ以降は再放送されていない。

録音した歌手[編集]

  • モモ
世界文化社『ドレミファブック 10』(LP)収録。CDでは『ドレミファCDブック 3』ISBN 9784418041145(2004年発売)に収録
ビクターエンタテインメント『世界のこどものうた1〜イギリス・アメリカ編』VICG-58161(1995年発売)収録
  • 歌手名不詳
キングレコード『歌のメリーゴーラウンド(2)』SKK(H)-109(1965年発売)(同LPでは曲ごとの歌手・演奏者の明示なし)

その他の日本語訳詞[編集]

その他の日本語訳詞としては、わだことみによる日本語訳詞「サバンナジャングルダンス」がある。2009年発売のCD『アンパンマンとはじめよう!お歌と体操』、DVD『アンパンマンとはじめよう!お歌と体操編 まねっこダンス』に収録。編曲:近藤浩章、歌:ドリーミング。歌詞にはライオンシマウマなどが登場する。

著作権[編集]

JASRACによると、原曲であるイギリス民謡の作詞・作曲の著作権は消滅している。但し、「いいやつみつけた」の訳詞者・阪田寛夫(2005年没)、「サバンナジャングルダンス」の訳詞者・わだことみ(2018年現在存命中)は2018年現在、没後50年経過しておらず、その分に関する著作権は有効である。

出典[編集]

  • 「みんなのうた 第5巻」(水星社) 6〜7頁、36〜37頁

脚注[編集]

  1. ^ 1993年7月21日発売の『英語のうたベスト50』COCC-10911/2など。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]