ZTTレコーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ZTT Records
Zang Tuum Tumb
親会社 SPZ Group
設立 1983年
設立者 Trevor Horn
現況 active
ジャンル various
イングランドの旗 イングランド
本社所在地 ロンドン
公式サイト www.ztt.com


ZTTレコーズ(ZTT Records)とは、ジャーナリストのポール・モーレイ(Paul Morley)、音楽プロデューサーのトレヴァー・ホーン(Trevor Horn)、プロデューサー・エンジニアのゲイリィ・ランガン(Gary Langan)、そしてトレヴァーの妻でありビジネス・ウーマンのジル・シンクレア(Jill Sinclair)らが共同で1983年に設立したレコード・レーベル。その設立初期からイギリスのヒット・チャートを賑わすアーティストを多く輩出していて、最も有名なところでは1983年にFrankie Goes To Hollywoodの大ヒット曲「Relax」などがある。

ZTT Records in London 1986

名称の由来[編集]

ZTTの名称は、イタリア未来派の詩人フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティ (Filippo Tommaso Marinetti) のサウンド・ポエム・タイトル「Zang Tumb Tumb」や「Tuuuum」という単語から影響を受けている。レコードやCDのジャケットまたはスリーヴへの表記上は、斜体の「ZTT」のみの場合もあるが他にも「Zang Tumb Tuum」や「Zang Tuum Tumb」など、様々な表記が使われた。

軌跡[編集]

ZTT レーベル最初のヒットはトレヴァーのプロデュースによる「ABC」のアルバム『The Lexicon of Love』から始まっている。1983年、 イエスのアルバム『90125』の世界的なヒットから、トレヴァー・ホーンとゲイリィ・ランガンの制作スタイルが一気に注目され、当時はまだ途方もなく高価(ほぼPORSCHEやFerrari、1台分と同額)だったFairlightSynclavierなどのサンプリング・マシーンを多用したサウンドがZTTの基盤を作っていった。

サンプリング・サウンド[編集]

その後ゲイリィ・ランガンは、イエスのアルバム・レコーディング中にアラン・ホワイトのドラム・トラッキング中使用されなかったサンプリング素材や、その他にもストリングス・セクションやブラス・セクションをサンプリングしてオーケストラル・ヒットやブラス・ヒットとして使用されなかった音素材を元に、実験的なサウンド・ソースとして用い、アヴァンギャルドなサウンドをベースに持つ「PROPAGANDA」や、より独創的なサウンドの「ART OF NOISE」などで斬新なサウンド・プロデュースやサウンド・エンジニアリングを行い、FairlightSynclavierを多用し斬新なサウンドを次々と作りだしていった。「ART OF NOISE」に関してはサンプリングの素材に対するヒントや演奏方法など、既存の楽器では生み出すことが出来ない世界観を作り出し、世界中の多くの作家やアレンジャーなどが模倣するようになり、すぐさま浸透し一般的なサウンドとなった。

ヒットの連続[編集]

1983年、Frankie Goes To Hollywoodのシングル「Relax」が発売され世界中での大ヒットとなり、戦略的にもZTTの名をバンドと共に世に知らしめることとなり、1984年には新人ながらいきなりの2枚組アルバム『Welcome to the Pleasuredome』もヒットさせ、レーベルには沢山のアーティストが加わるようになった。プロデューサーのスティーヴ・リプソン(Steve Lipson)がフランキーの音楽制作に加わるようになってから、レーベル・サウンドの傾向はより音楽的なグルーヴや質感を増すようになり、レーベル当初のシンセサイザー路線に加え幅広さが出るようになった。グレイス・ジョーンズのアルバム『Slave to the Rhythm』辺りからその傾向は顕著で、R&Bを現代風に昇華させた傑作も生み出している。

プロデューサー[編集]

プロデューサーであるトレヴァー・ホーン、ゲイリィ・ランガン、スティーヴ・リプソンのそれぞれがミュージシャン時代に、ギター、ベース、キーボードなどでのスタジオ・ワークをこなしていた技量の持ち主という事から、レコーディングにおいてはクレジットされていない部分でもメンバーに代わってベースやギターを弾き直したり弾き足したりと、演奏面でも数多くの作品に関与している。一般的には楽器演奏やアレンジで音楽制作に関与せず制作総指揮を執るスタイルのプロデューサーも居る中、ZTTの場合は何処から何処までがメンバーの演奏で、どの部分がプロデューサーの演奏なのかはレコーディング現場の当事者のみ知るほど、多くの演奏やアレンジで関与している場合が多い。フランキーのレコーディング・スタッフが伝えるところによると、デビュー直後はベーシスト以外はあまり演奏が上手くなかったので、レコーディングを終えスタジオをクローズした後、メンバーが帰ったのを確認してから演奏ミスの差し替えや弾き直しなどを行っていたそうで、プロデューサーが納得しない演奏の揺らぎやミスなどは随時修正され、常に完璧なサウンドだけを残していたそうである。それらはトレヴァー・ホーンの完璧主義やスティーヴ・リプソンのセンスなどで判断していた物と推察できる。

1990年代以降[編集]

1980年代はFrankie Goes To Hollywoodが当時のディスコで大流行したが、1990年代にはトレヴァー・ホーンの秘蔵っ子「Seal」がクラブで流行したり、映画のサウンドトラックに楽曲が使われたりするなど、1980年代に活躍したアーティストは既に解散していたり活動が停滞している中、次世代アーティストがZTTの看板アーティストとして継続している。1990年代半ばあたりからFrankie Goes To Hollywoodの最新リミックス盤や、ART OF NOISEPROPAGANDAらの様々なフォーマットによる再発盤が発売されるなどしている。

現在[編集]

ZTT Recordsは現在も「SPZ Group」の傘下にある。「SPZ」とは「Sarm Perfect ZTT」の略称で、Sarm Studios(レコーディング・スタジオ)、Perfect Songs publishing(音楽出版)、ZTT recordsの連合体の頭文字をつなげた形だ。初期のZTTはトレヴァー・ホーンの妻が所有していたSarm Studioを拠点としながらトレヴァー・ホーンと共にSarm Westへも拡充しながらスタジオ経営及び音楽制作現場、音楽出版、レコード・レーベルが三位一体となった体制で運営されていて、当初から「ZTTサウンド = Sarm Westサウンド = トレヴァー・ホーン」という図式が成り立つほど密接な関係にあった。

主な所属アーティスト[編集]

  • 808 State
  • Act
  • Adamski
  • All Saints
  • Andrew Poppy
  • Anne Pigalle
  • Art of Noise
  • Das Psych-Oh Rangers
  • Frankie Goes To Hollywood
  • Glam Metal Detectives
  • Grace Jones
  • Heights of Abraham
  • Hoodlum priest
  • Kirsty MacColl
  • Lisa Stansfield
  • Lomax
  • Mantra
  • Nasty Rox Inc
  • Propaganda
  • Rehab
  • Romo|Sexus
  • Roy Orbison
  • Seal
  • Solid State Logic
  • Sun Electric
  • Tara Newley
  • The Flood
  • The Frames
  • Tom Jones

外部リンク[編集]