リサ・スタンスフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リサ・スタンスフィールド(Lisa Stansfield、1966年4月11日 - )は、イギリス生まれのシンガーソングライター。

来歴[編集]

イギリス北部のランカシャー(現グレーター・マンチェスターメトロポリタン・バラ・オブ・ロッチデールに生まれたリサは、10代からテレビ出演するなど、早くからそのキャリアを形成している。14歳のとき、地元テレビ局のタレント・オーディション番組で優勝し、子供向け番組のパーソナリティをつとめた。

1983年、友人2人とポップ・トリオ「ブルー・ゾーン(Blue Zone)」を結成。この時のメンバー、イアン・デヴェイニーとはその後もリサの音楽プロデューサーとして、また夫として関係が続くことになる。

ブルー・ゾーンは満足なヒットに恵まれなかったが、クラブシーンで少なからずファンを獲得。大きな転機となったのは、たまたま遊びに行ったダンス・デュオコールドカットのセッションでゲスト・ボーカルとして起用され、シングル曲「People Hold On」がUKチャートでトップ20入りしたことから始まる。

ここからソロ・シンガーとしての活動が始まり、バンドメンバーのイアンは改めてプロデューサーとしてサポートすることとなった。

初のシングル「This Is The Right Time」は1989年9月にトップ20入りを果たし、次作「All Around the World」はUKチャートでナンバー1、アメリカでもスマッシュヒットとなった。この曲はポップ・チャートのみならず、R&Bチャートでもナンバー1に輝いている。この年の締めくくりには、数々の音楽賞を受賞し、一躍イギリスにおけるトップ・シンガーの仲間入りを果たした。

以来、コンスタントにシングル、アルバムを発表し続け、90年代後半にはアメリカでの人気は下火となったものの、欧州内では依然として高い支持を受け続けてきている。とりわけ、90年代のディスコ・クラブシーンにおけるリサの功績は今日においても色あせてはいない。

1998年にイアンと結婚。その後は大きなヒットに恵まれていないが、2003年にリリースされたベストアルバムを含め、これまでに全世界で1400万枚を売り上げている。


外部リンク[編集]