Strikeforce: Fedor vs. Rogers

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Strikeforce: Fedor vs. Rogers
イベント詳細
シリーズ Strikeforce
主催 Strikeforce / M-1グローバル
開催年月日 2009年11月7日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州ホフマン・エステイツ
会場 シアーズ・センター
試合数 全9試合
放送局 CBS地上波
入場者数 11,512人[1]
イベント時系列
Strikeforce: Carano vs. Cyborg Strikeforce: Fedor vs. Rogers Strikeforce: Evolution

Strikeforce: Fedor vs. Rogers(ストライクフォース:フョードル・ヴァーサス・ロジャーズ)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「Strikeforce」の大会の一つ。M-1グローバルとの共催。2009年11月7日イリノイ州ホフマン・エステイツシアーズ・センターで開催された。

本大会では、ジェイク・シールズジェイソン・ミラーによるStrikeforce世界ミドル級王者決定戦と、エメリヤーエンコ・ヒョードルブレット・ロジャースによるWAMMA世界ヘビー級タイトルマッチ[2]が行われた。

大会概要[編集]

カン・リーの俳優業専念によって空位となっていた世界ミドル級王座を賭けた第8試合では、シールズがミラーを判定で下し、第3代Strikeforce世界ミドル級王者となった。メインイベントではヒョードルが総合格闘技無敗のロジャースをTKOで破り、WAMMA世界ヘビー級王座の2度目の防衛を果たした。

第6試合から第9試合までのメインカード4試合が地上波CBSによって全米に放送され[3]、またウェブ上でもライブ配信された[4]

カードの変更・中止[編集]

当初、マルース・クーネンエリン・トーヒルの再戦が予定されていたが、トーヒルの欠場のため、替わってロクサン・モダフェリがクーネンと再戦することとなった[5]

アンダーカードで予定されていたマーク・ミラーデレイ・デイヴィスのウェルター級の試合は中止となった[6]

試合結果[編集]

アンダーカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
ブラジルの旗 クリスチアン・ウフラケール vs. ブラジルの旗 ジョナタス・ノヴァエス ×
3R終了 判定3-0(29-26、30-25、30-25)
第2試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ネイト・ムーア vs. アメリカ合衆国の旗 ルイス・テイラー ×
2R 3:24 ギブアップ(バックマウントからのパンチ)
第3試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 シャマール・ベイリー vs. アメリカ合衆国の旗 ジョン・コロスキー ×
3R終了 判定3-0(29-27、29-27、29-27)
第4試合 キャッチウェイトバウト(150ポンド) 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェフ・カラン vs. アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ニース ×
1R 1:39 ギブアップ(脇腹の負傷)
第5試合 女子145ポンド級 5分3R
オランダの旗 マルース・クーネン vs. アメリカ合衆国の旗 ロクサン・モダフェリ ×
1R 1:05 腕ひしぎ十字固め

メインカード[編集]

第6試合 ヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 ファブリシオ・ヴェウドゥム vs. ブラジルの旗 アントニオ・シウバ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第7試合 ライトヘビー級 5分3R
アルメニアの旗 ゲガール・ムサシ vs. カメルーンの旗 ラモー・ティエリ・ソクジュ ×
2R 3:43 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第8試合 Strikeforce世界ミドル級王者決定戦 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ジェイク・シールズ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ミラー ×
5R終了 判定3-0(48-47、49-46、48-47)
シールズが第3代Strikeforce世界ミドル級王者となった。
第9試合 メインイベント WAMMA世界ヘビー級タイトルマッチ 5分3R
ロシアの旗 エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. アメリカ合衆国の旗 ブレット・ロジャース ×
2R 1:48 TKO(レフェリーストップ:右フック→パウンド
ヒョードルがWAMMA世界ヘビー級王座の2度目の防衛に成功。

脚注[編集]

外部リンク[編集]