アントニオ・シウバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・シウバ
基本情報
本名 アントニオ・カルロス・シウバ
(Antonio Carlos Silva)[1]
通称 ペザオン (Pezao)
ビッグフット (Bigfoot)
アマゾン・モンスター
ザ・ハイパーゴリラ
ジュニオール(Junior)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1979年9月14日(35歳)
出身地 パライバ州カンピナグランデ
所属 FIGHT CO.
アメリカン・トップチーム
→フリーランス
アメリカン・トップチーム/チーム・ノゲイラ
身長 193cm
体重 119kg
リーチ 208cm
階級 ヘビー級
スタイル 空手ブラジリアン柔術
テーマ曲 Lose Yourself(エミネム
テンプレートを表示

アントニオ・シウバAntonio Silva、男性、1979年9月14日 - )は、ブラジル総合格闘家パライバ州カンピナグランデ出身。アメリカン・トップチーム/チーム・ノゲイラ所属。空手黒帯、柔道黒帯、ブラジリアン柔術黒帯。元Cage Rage世界ヘビー級王者、元EliteXC世界ヘビー級王者。

足のサイズが33cmと巨大であることからニックネームは「PEZAOペザオン)」(ポルトガル語で"デカ足")、英語圏ではそれを英訳した「ビッグフット」。背中には「PEZAO」の文字と足形をあしらったタトゥーを入れ、右腕には「BIGFOOT」の文字と両親が35歳の時の顔のタトゥーを入れている[2]。そのいかつい風貌と巨体に加えて、HERO'Sに初参戦した際の試合前の煽りVのインタビューで「俺はゴリラだ!ゴリラが日本のリングで暴れるぜ!」と発言したことにより、日本での呼び名は「ザ・ハイパーゴリラ」。

来歴[編集]

4歳から松濤館流空手を始め、ホジェリオ・カモエスの下でブラジリアン柔術を学んだ[3]

2005年3月6日、プロデビュー戦となったUKMMAC 10でテンギズ・テドラゼと対戦し、開始48秒でTKO勝ち。

2005年7月2日、Cage Rage 12でハファエル・カリーノと対戦し、1RTKO勝ちし、第3代Cage Rage世界ヘビー級王者となる。

2006年5月3日、HERO'Sスーパーバイザーの前田日明の推薦でHERO'Sに参戦。トム・エリクソンと対戦し、マウントパンチでTKO勝ちを収めた。

2006年10月9日、HERO'Sでカイシノフ・ゲオルギーと対戦し、1R1分8秒、KO勝ち。

2006年12月2日、BodogFightでエリック・ペレと対戦、パウンドでTKO負け。キャリア8戦目で初黒星を喫した。

2007年2月10日、EliteXC: Destinyウェズリー"キャベージ"コレイラと対戦し、パウンドでTKO勝ち。

2007年6月2日、Dynamite!! USAでジョナサン・ウィゾレックと対戦予定であったが、脳下垂体の腫瘍が原因でカリフォルニア州アスレチック・コミッション(CSAC)の許可が出ず欠場となった。当日開会セレモニーで行なわれた聖火リレーに参加した。

2007年11月10日、EliteXC: Renegadeでジョナサン・ウィゾレックと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。

2008年2月16日、EliteXC: Street Certifiedでリコ・ロドリゲスと対戦し、2-1の判定勝ち。EliteXCのヘビー級(約120kg未満)での参戦のため、大幅な減量を行っての参戦となった。

2008年7月26日、EliteXC: Unfinished Businessでジャスティン・エイラーズと初代EliteXCヘビー級王座決定戦で対戦。パウンドでTKO勝ちし、初代EliteXCヘビー級王者となった。試合後の薬物検査でアナボリックステロイドの陽性反応が出たため、1年間の出場停止処分および2,500ドルの罰金処分を受けた[4]

2009年1月4日、戦極初参戦となった戦極の乱2009中尾"KISS"芳広と対戦。中尾の左膝負傷によりTKO勝ちを収めた。この試合は、アメリカでの出場停止期間中の出場となった。

Strikeforce[編集]

2009年11月7日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Fedor vs. Rogersファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦し、0-3の判定負け[5]

2010年5月15日、Strikeforce: Heavy Artilleryアンドレイ・アルロフスキーと対戦し、3-0の判定勝ち[6]

2010年5月、アメリカン・トップチームを円満離脱し、フリーとなる。離脱理由については「所属選手が増え過ぎてコーチの集中的な指導を受けるのが難しいから。ATTを辞めたけど、チームと何の問題も抱えてないし、今でもATTが大好きだ」と語っており[7]、その後の試合でもATTのコーチと選手がセコンドに就いている。

2010年12月4日、Strikeforce: Henderson vs. Babaluではヴァレンタイン・オーフレイムと対戦予定だったが、ヴァレンタインの負傷欠場によって試合の5日前にマイク・カイルとの対戦が決定。ライトヘビー級を主戦場としているカイルとは大きな体格差があるため、シウバ有利とされたが、1Rに右ストレートを浴びてダウンを奪われ、その後もパウンドを浴び続けるなど危機に陥るが、2Rにテイクダウンしてスピニングチョークを極めかけた後、最後はマウントパンチで逆転KO勝ち[8]

2011年2月12日、Strikeforce: Fedor vs. Silvaのワールドグランプリ1回戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。1Rから右ストレートをクリーンヒットさせ、2R開始早々にテイクダウンしてマウントパンチの連打を浴びせ、肩固めを極めかけるなど圧倒。終始試合を優位に進め、2R終了後ヒョードルの右目負傷によるドクターストップによりTKO勝ちを収めた[9]

2011年9月10日、Strikeforce: Barnett vs. Kharitonovのワールドグランプリ準決勝でダニエル・コーミエと対戦し、スタンドパンチ連打でKO負けを喫した。

UFC[編集]

2012年5月26日、UFC初参戦となったUFC 146ケイン・ヴェラスケスと対戦し、グラウンドの肘打ちで大流血に追い込まれ、パウンドでTKO負けを喫した。

2013年2月2日、UFC 156のヘビー級次期挑戦者決定戦でアリスター・オーフレイムと対戦。序盤こそ劣勢だったが、最終3Rにパンチで攻勢をかけて逆転KO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年5月25日、UFC 160のヘビー級タイトルマッチでケイン・ヴェラスケスと再戦し、1RTKO負け。王座奪還に失敗した。

2013年12月7日、UFC Fight Night: Hunt vs. Bigfootマーク・ハントと対戦。両者流血の壮絶な殴り合いとなり、0-1の判定ドロー。しかし、試合後の薬物検査で規定を超えた高濃度のテストステロンが検出され、9ヶ月間の出場停止処分を受けた。この試合も、シウバ側の戦績はノーコンテスト(無効試合)に変更された[10]。これについてシウバは、「試合の数ヶ月前にテストステロン補充療法の認可を受けるためにブラジルのUFC公認ドクターと接触し、補充療法を受けて、試合の2週間前にはUFCから必要な検査を全て受けている。ドクターから補充量を増やすことを勧められるくらい俺のテストステロン濃度は低下していたが、不幸なことに数値が上がり過ぎて出場停止処分を受けてしまった。俺はこの件に関して精通している人から勧められたことをしただけなので俺のミスじゃない。」とコメントしている[11]

2014年9月13日、UFC Fight Night: Bigfoot vs. Arlovskiでヘビー級ランキング14位のアンドレイ・アルロフスキーと対戦し、1RKO負けを喫した。

人物・エピソード[編集]

  • ネバダ州アスレチック・コミッションの定める統一階級制度においてヘビー級の上限は265ポンド(120.2kg)以下が総合格闘技におけるヘビー級と定められているが、シウバはアメリカン・トップチーム独自の増減量計画によって、前日計量終了後から試合当日までに9kg以上も増量した状態で試合を戦っている[12]
  • 脳下垂体の腫瘍が原因で、カリフォルニア州アスレチック・コミッション(CSAC)の判断により、カリフォルニア州で戦うことができない。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
24 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 13 3 2 0 0 1
6 5 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× アンドレイ・アルロフスキー 1R 2:59 KO(右ストレート→パウンド) UFC Fight Night: Bigfoot vs. Arlovski 2014年9月13日
マーク・ハント 5分5R終了 ノーコンテスト UFC Fight Night: Hunt vs. Bigfoot 2013年12月7日
× ケイン・ヴェラスケス 1R 1:12 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 160: Velasquez vs. Bigfoot 2
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2013年5月25日
アリスター・オーフレイム 3R 0:25 KO(スタンドパンチ連打) UFC 156: Aldo vs. Edgar 2013年2月2日
トラヴィス・ブラウン 1R 3:27 TKO(右フック→パウンド) UFC on FX 5 2012年10月5日
× ケイン・ヴェラスケス 1R 3:36 TKO(パウンド) UFC 146: Dos Santos vs. Mir 2012年5月26日
× ダニエル・コーミエ 1R 3:56 KO(スタンドパンチ連打) Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov
【ワールドグランプリ ヘビー級トーナメント 準決勝】
2011年9月10日
エメリヤーエンコ・ヒョードル 2R終了時 TKO(ドクターストップ:右目負傷) Strikeforce: Fedor vs. Silva
【ワールドグランプリ ヘビー級トーナメント 1回戦】
2011年2月12日
マイク・カイル 2R 2:49 TKO(マウントパンチ) Strikeforce: Henderson vs. Babalu 2010年12月4日
アンドレイ・アルロフスキー 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Heavy Artillery 2010年5月15日
× ファブリシオ・ヴェウドゥム 5分3R終了 判定0-3 Strikeforce: Fedor vs. Rogers 2009年11月7日
BIG・ジム・ヨーク 1R 3:51 肩固め 戦極 〜第十陣〜 2009年9月23日
中尾"KISS"芳広 1R 1:42 TKO(左膝の負傷) 戦極の乱2009 2009年1月4日
ジャスティン・エイラーズ 2R 0:19 TKO(パウンド) EliteXC: Unfinished Business
【EliteXC世界ヘビー級王座決定戦】
2008年7月26日
リコ・ロドリゲス 5分3R終了 判定2-1 EliteXC: Street Certified 2008年2月16日
ジョナサン・ウィゾレック 1R 3:12 チョークスリーパー EliteXC: Renegade 2007年11月10日
ウェズリー"キャベージ"コレイラ 1R 3:49 TKO(パウンド) EliteXC: Destiny 2007年2月10日
× エリック・ペレ 1R 2:40 TKO(パウンド) BodogFight: USA vs. Russia 2006年12月2日
カイシノフ・ゲオルギー 1R 1:08 KO(左フック) HERO'S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦 2006年10月9日
トム・エリクソン 1R 2:49 TKO(マウントパンチ) HERO'S 2006 ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦 2006年5月3日
タダス・リンケビュチス 1R 3:22 TKO(パンチ連打) Cage Warriors FC: Strike Force 5 2006年3月25日
ルーベン・ビシャレアル 1R 3:07 TKO(パンチ連打) Cage Warriors FC: Strike Force 4
【Cage Warriorsスーパーヘビー級王座決定戦】
2005年11月26日
ハファエル・カリーノ 1R 2:55 TKO(タオル投入) Cage Rage 12: The Real Deal
【Cage Rage世界ヘビー級王座決定戦】
2005年7月2日
マーカス・チンダ 1R 3:03 ギブアップ(パンチ連打) Cage Warriors FC: Strike Force 2005年5月21日
テンギズ・テドラゼ 1R 0:48 TKO(パンチ連打) UKMMAC 10: Slugfest 2005年3月6日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代EliteXC世界ヘビー級王者

2008年7月26日 - 2008年10月20日

次王者
王座廃止
前王者
イアン・フリーマン
第3代Cage Rage世界ヘビー級王者

2005年7月2日 - 2008年10月20日

次王者
王座廃止