O・W・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
O・W・フィッシャー
O. W. Fischer
生年月日 1915年4月1日
没年月日 2004年1月29日(満88歳没)
出生地 クロスターノイブルク
死没地 ルガーノ
国籍 オーストリアの旗 オーストリア

O・W・フィッシャーO. W. Fischer, 1915年4月1日 - 2004年1月29日)は、オーストリアの俳優。略さずにオットー・ウィルヘルム・フィッシャー(Otto Wilhelm Fischer)とも。

来歴[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国クロスターノイブルク(現・オーストリア)生まれ。ウィーン大学で文学と歴史を学び、マックス・ラインハルト演劇学校で演技を学ぶ。

映画デビューは1936年の『ブルグ劇場』。二枚目で教養溢れる精悍なマスクとがっしりした体格を持ち、数々の映画で主役を演じ、紳士的魅力と渋い演技で「ドイツケーリー・グラント」と呼ばれ、長い人気を保った。舞台俳優としても名高く、1938年から1944年まではウィーンフォルクス劇場Volkstheater (Wien))のメンバー、1945年から1952年までは同じウィーンの有名なブルク劇場Burgtheater)のメンバーとして活躍した。1970年代以降は主にテレビドラマで活躍した。

1955年には、ルートヴィヒ2世を描いた旧西ドイツ映画『ルートヴィヒ2世 - ある王の栄光と没落』(カラー作品)でタイトル・ロールのルートヴィヒ2世を演じた。ちなみに、エリザベートルート・ロイヴェリクが、オットー1世クラウス・キンスキーが演じた。撮影は前年の1954年8月3日にクランクインし、3ヶ月後の11月11日にクランクアップした。ルートヴィヒ2世ゆかりの地であるノイシュヴァンシュタイン城などでロケも行われた。この作品でドイツ映画賞主演男優賞を受賞。

1958年に出演した旧西ドイツ映画『Helden』(カラー作品、英語題:『Arms and the Man』、日本未公開)は第31回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。そして、2度目のドイツ映画賞主演男優賞を受賞した。

同じ1958年(昭和33年)8月15日から19日にかけて、旧西ドイツ映画『Peter Voss, der Millionendieb』(カラー作品、日本未公開)の日本ロケのため、ワルター・ギラーイングリッド・アンドレら共演者とスタッフ達と総勢19人で来日東京国際空港(羽田空港)、椿山荘上野東照宮などでロケを行った。

1959年に出演した映画『グランド・ホテル』はヴィッキイ・バウム原作で、同じ原作のグレタ・ガルボ主演で有名なハリウッド映画『グランド・ホテル』(1932年)のヨーロッパ版リメイク。フランスの女優ミシェル・モルガンと共演した。

ドイツ連邦共和国功労勲章を受章している(大功労十字章)。

1942年8月13日、女優の妻・アンナと結婚。1960年代からはスイスティチーノ州に妻と移住。1985年に妻と死別。

2004年1月29日、スイスの同州ルガーノで死去。死去のニュースは日本でも報じられた。墓もルガーノ近郊にある。

主な映画出演[編集]

[編集]

  1. ^ 日本未公開であったが、2007年3月、東京アテネ・フランセ文化センターで「ヘルムート・コイトナーHelmut Käutner)監督特集」が開催され、その中で日本語字幕付きでDVD上映された。
    アテネ・フランセ 2007年1月・2月・3月上映スケジュール, ゲーテ・インスティトゥート公式HPでの紹介

外部リンク[編集]