イングリッド・アンドレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イングリッド・アンドレ
Ingrid Andree
本名 Ingrid Tilly Unverhau
生年月日 1931年1月19日(83歳)
出生地 ハンブルク
国籍 ドイツの旗 ドイツ
職業 女優
配偶者 Hanns Lothar(俳優)
(1959年 - 1965年)
著名な家族 娘:ズザンネ・ロータ(女優)

イングリッド・アンドレIngrid Andree1931年1月19日 ‐ )は、ドイツ女優

来歴[編集]

コーヒー輸入業者の娘としてハンブルクで生まれる。ハンブルク音楽演劇大学で学び、1951年に舞台デビュー。

映画初出演は舞台デビューの前年の1950年。その後、数々の映画に出演し、活躍。日本公開作は少ないが、ドイツでは可憐な容姿で人気を集めた。1957年に出演した映画『Bekenntnisse des Hochstaplers Felix Krull』(日本未公開。英語題名は『The Confessions of Felix Krull』)は第15回米国ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞している。そして、1958年の『ザイラーの初恋物語』ではトニー・ザイラーの相手役を務めた。また、テレビドラマにも進出し、多くの作品に出演。1960年代後半からは主に舞台を中心に出演している。

1958年昭和33年)8月15日には映画『Peter Voss, der Millionendieb』(日本未公開。カラー作品)の日本ロケのため、共演のO・W・フィッシャーワルター・ギラーやスタッフ達と総勢19人で来日東京国際空港(羽田空港)、椿山荘上野東照宮などでロケを行った。同8月19日、離日。

1959年に俳優のハンス・ロータHanns Lothar)と結婚し、翌1960年に娘のズザンネ・ロータが生まれたが、1965年に離婚。ハンス・ロータはその2年後の1967年に亡くなっている。現在、ズザンネも女優として活躍している。ズザンネの夫は俳優のウルリッヒ・ミューエで、孫(ズザンネとミューエの子供)もいる。

ドイツ連邦共和国功労勲章を受章している。

主な出演映画[編集]

  • ザイラーの初恋物語 Ein Stück vom Himmel (1958年)
  • 最後の沈黙 Der Rest ist Schweigen (1959年) - 同1959年11月に東京で開催されたドイツ映画祭で上映。
  • Tears of Stone(石の花) Tár úr steini (1995年)

外部リンク[編集]