Mr.ミスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Mr.ミスター(みすたーみすたー、Mr. Mister)はアメリカのバンド。1980年代半ばに2曲の全米1位ヒットを放った。

略歴[編集]

ロサンゼルススタジオ・ミュージシャンとして活動していたリチャード・ペイジ、スティーブ・ジョージが結成したペイジズを前身とする。ペイジズ解散後、ペイジとジョージは新たなメンバーにスティーブ・ファリスやパット・マステロットを迎えてMr.ミスターを結成、1984年にデビューした。

この直後、リチャード・ペイジはボビー・キンボールの後釜としてTOTOのボーカリストに、ピーター・セテラの後釜としてシカゴのボーカリスト/ベーシストに誘われた。両者とも超大物バンドであり、ペイジにとっては大出世の話だったが、自身のバンドを続けるためにいずれも断っている。

1985年、2作目のアルバム「ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド」からシングルカットされた「ブロークン・ウィングス」が全米1位を記録。続くシングル「キリエ」も1位、アルバムも1位の大ヒットとなり、バンドはブレイクした。

しかし1987年の「ゴー・オン」は意欲作だったもののセールスに恵まれなかった。このアルバムには、リチャード・ペイジたちが矢沢永吉に提供した「サムシング・リアル」をカバーしている。

1989年にスティーブ・ファリスが脱退。バジー・フェイトンが参加し、次作「Pull」をレコーディングしたが、レコードレーベルがリリースを拒否し、お蔵入りとなってバンドは解散した。

その後、それぞれのメンバーはスタジオ・ミュージシャンとしての活動を再開した。 リチャード・ペイジはマドンナの「I'll Remember」の作曲を手助けしたのを機に著名なプロデューサー、パトリック・レナードとバンド「サード・マチネー」を組み、アルバム「Meanwhile」を1994年にリリース、その後はソロとして 1996年に「シェルター・ミー」を出すが、こちらもセールスに恵まれなかった。2003年には、竹内まりやの「純愛ラプソディ」を英語でカバーしている。 また、2012年からはリンゴ・スターのリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドにもベーシストとして参加。2013年2月に行われた日本公演では「キリエ」「ブロークン・ウィングス」などを披露した。

スティーヴ・ファリスは1997年にはホワイトスネイクのツアーにギタリストとして参加、その他にも2000年にはドン・ヘンリーのツアーに参加もしている。

スティーヴ・ジョージは1991年-1997年までケニー・ロギンズの音楽ディレクターとしての仕事をし、1999年にはジュエルのツアーに参加。それ以後はソロアルバムをリリースする計画をすすめている。

パット・マステロットはMr. ミスター解散後、キング・クリムゾンのドラマーとして活躍。

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • アイ・ウェア・ザ・フェイス(1984年:全米170位)
  • ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド(1985年:全米1位)
  • ゴー・オン(1987年:全米55位)

シングル[編集]

  • ハンターズ・オブ・ザ・ナイト(1984年:全米57位)
  • ブロークン・ウィングス(1985年:全米1位)
  • キリエ(1985年:全米1位)
  • イズ・イット・ラブ(1986年:全米8位)
  • ブラック/ホワイト(1986年)
  • サムシング・リアル(1987年:全米29位)
  • ザ・ボーダー(1987年)
  • スタンド・アンド・ディリヴァー(1988年)

外部リンク[編集]