Craigslist

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Craigslist Inc.
Craigslist.svg
外部リンク www.craigslist.org
テンプレートを表示

Craigslist(クレイグズリスト)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコのCraigslist Inc.により運営されるクラシファイドコミュニティサイト。1995年クレイグ・ニューマーク英語版により開始し、サンフランシスコ・ベイエリアのローカル情報を交換するためのサイトとして開設された。 その後、ボストンシカゴロサンゼルスニューヨークなど他の都市向けのサイトが次々と開設され、2009年4月現在、およそ世界50ヶ国、570都市向けのサイトを擁している。2009年時点では28人の従業員がいる。[1]2008年5月よりスペイン語フランス語イタリア語ドイツ語ポルトガル語に対応した。[2]

クレイグ・ニューマーク
サンフランシスコ、サンセット地区にある本部
創業者であるクレイグ・ニューマーク(2006年)

特徴[編集]

毎月20億ページビューを超えるアクセスがあり、毎月8000万件以上の広告が投稿されている。クラシファイドを扱うどの分野においても最大手であり、毎月200万件以上の求人広告が登録される世界最大手の求人サイトの一つでもある。[3][4] 2011年10月までにクレイグスリストに登録されたアメリカ国内23都市のページにおいては、"販売"と"不動産"のセクションだけで一日あたり30万人以上の投稿を受け取っている。 創業以来、デザインの変更などはわずかであり、最小限のCSSJavascriptを用いたサイトの構成はとても単純である。求人不動産、出会い、個人広告、ギグ履歴書会議などのフォーラムがある。

フラグ付け[編集]

不法行為や不適切な投稿を識別する機能があり、利用者はガイドラインに違反していると判断した場合、アカウントの有無やログイン状況を問わずその投稿にフラグ付けができる。[5]一定数のフラグが立つとサイトからの除外対象となり、除外対象フラグ数は非公開である。フラグには「板違い」、「禁止行為」、「スパム/過剰投稿」の3種類あり[6]、フラグ付与者は偏見や選好、利用規約の誤解[7]などによりフラグ付けをする。異なるISPによる個人の荒らし行為の一環としてフラグが利用されることもある[5]。フラグを理解するために非公式のFAQ[8]やフォーラム[9]で確認ができるが、悪質な返答をする利用者により相談所の有用性が傷つけられている。[10]

出会い系[編集]

長年にわたり、デートセックス相手の仲介サイトとして人気であり、このセクションにおいては「精神的付き合い」、「デート/恋愛」、「割り切り」などがある。[11][12][13][14][15]

在住地域の交際相手を探すのに困難である同性愛者にとっては、無料で利便性が高かったことから人気が高い。[16]

2005年にサンフランシスコの「同性(男)求む」のセクションは世界で2番目に梅毒感染を助長するページと認定された。[16]サンフランシスコ公衆衛生当局から圧力がかかった運営元は、最小限のスタッフで運営しており利用者は自己責任で利用してほしいとサイト内で呼びかけ[16] 、サンフランシスコ市立病院と性行為感染症フォーラムのリンクを加えた[16] 。 成人向け(以前は"性的")フォーラムは最初は特別待遇で始まったが、広告売春を助長するという非難や論争が続き、2010年9月4日に完全に終了した。[17][18]

批判[編集]

2005年7月、サンフランシスコ・クロニクルはCraigslistがブリーダーからの広告を許可し、ベイエリアにおけるピットブルの過剰繁殖と不審な売買の原因になっているとされていることを批判した[19]

2006年1月、en:San Francisco Bay GuardianはCraigslistが地方に進出する際、その地域の他の新聞社を排除しようとしているという内容の記事を発行した。Craigslistは、地方に進出して、品々を安い価格で売る際地方の小さな企業をつぶしているウォルマートと一緒だともされている。[20]

サイト内のアダルト情報コーナーが売春の温床になっているとの批判が存在し、2007年8月にアトランタ市長であるシャーリー・クラーク・フランクリンは、Craigslistに広告を通して、知らないうちに児童売春をしないようにしてもらいたいという内容の手紙を書いた[21][22]

その他[編集]

2009年6月、アメリカの替え歌歌手アル・ヤンコビックがCraigslistを皮肉った曲『Craigslist』をリリースしている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jones, Del (2007年1月2日). “Can small businesses help win the war?”. USA Today. http://www.usatoday.com/money/2007-01-02-terror-war-business-usat_x.htm 2009年4月7日閲覧。 
  2. ^ Craig Newmark (2008年3月27日). “Multiple language support on Craigslist”. cnewmark. 2008年9月13日閲覧。
  3. ^ Lenhart, Amanda; Shermak, Jeremy (2005年11月). “Selling items online”. Pew Research Center. 2007年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月6日閲覧。
  4. ^ craigslist.org. “craigslist fact sheet”. 2009年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月2日閲覧。
  5. ^ a b Unofficial Flagging FAQ”. Craigslist users. 2010年9月15日閲覧。
  6. ^ flags and community moderation”. Craigslist. 2010年3月24日閲覧。
  7. ^ terms of use”. Craigslist. 2010年3月24日閲覧。
  8. ^ Unofficial Flagging FAQ”. Craigslist users. 2010年3月24日閲覧。
  9. ^ Craigslist flag help forum”. Craigslist users. 2010年3月24日閲覧。
  10. ^ Unofficial Flagging FAQ”. Craigslist users. 2010年9月15日閲覧。
  11. ^ Craigslist hookups, Timeout.com, 2009
  12. ^ College student to launch 'sex hookup site: It's safer than CraigList, and cheaper than bars, ABC News
  13. ^ Columbus Sex Survey, The Other Paper
  14. ^ Paul LaRosa and Maria Cramer, Seven Days of Rage: The Deadly Crime Spree of the Craigslist Killer, Simon and Schuster, 2009.
  15. ^ Risky Sex- and Drug-Seeking in a Probability Sample of Men-for-Men Online Bulletin Board Postings, by Christian Grov
  16. ^ a b c d The Hottest Spot Online – The explosively popular-and free-Craigslist attracts both gay men and lesbians by the thousands but the guys and gals aren't generally looking for the same things, by Ann Rostow. The Advocate.
  17. ^ “Attorneys general call for Craigslist to get rid of adult services ads”. CNN. (2010年8月26日). http://www.cnn.com/2010/CRIME/08/25/craigslist.adult.content/index.html?hpt=Mid 
  18. ^ Miller, Claire Cain (2010年9月4日). “Craigslist Blocks Access to ‘Adult Services’ Pages”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/09/05/technology/05craigs.html?_r=1&hp 2010年9月4日閲覧。 
  19. ^ Ilene Lelchuk (2005年7月11日). “Craigslist pressured to ban dog, cat ads”. San Francisco Chronicle. 2007年9月6日閲覧。
  20. ^ Tim Redmond (2005年7月11日). “Editor's Notes”. en:San Francisco Bay Guardian. 2007年9月6日閲覧。
  21. ^ David Pendered (2007年8月22日). “Mayor rips craigslist over child prostitution”. agc.com. 2008年1月29日閲覧。
  22. ^ “Atlanta mayor says Craigslist used for child prostitution”. San Francisco Business Times. (2007年8月22日). http://www.bizjournals.com/sanfrancisco/stories/2007/08/20/daily24.html?jst=s_cn_hl 2008年1月29日閲覧。 

外部リンク[編集]