ギグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギグ: Gig)は、音楽演奏において

  • 小さなライブハウスなどでの短いセッション(大きな会場でのコンサートの際には使用しない)
  • クラブなどで一度だけ演奏すること(ジャズミュージシャンから広まった)

などを指すスラング(俗語)である。

概要[編集]

本来は、特に職種は問わず、単発(日雇い)または短い期間の仕事の事を示す言葉であるが、日本ではもっぱら音楽の関連用語として理解されている場合が多い。

語源は往年のパンク・バンド、セックス・ピストルズのムーブメントから派生したものらしいが[要出典]、諸説が入り交じっている為に、正確な名称の意味は不明である。ピンクフロイドのDark side of the moon中にThe great gig in the skyがある。 日本語ではロック音楽などのライブコンサート全般を指すこともある。各駅前において路上ライブが展開される際には、バンド間で「ギグ」の発言も一部聞けるが、近年は死語として使用しない風潮は見られる。甲斐バンドは都有5号地(現在の都庁)で行われた3万人近い観客を集めた野外イベントを『THE BIG GIG』として銘打って開催したり、BOØWYはどれだけ会場が大きくなろうとも(日本武道館、東京ドーム)、GIGと冠していた。

関連項目[編集]