CineAlta

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CineAltaでの撮影

CineAlta(シネアルタ)とは、ソニーが開発した映画撮影用デジタルビデオカメラのブランド名である。映画用35mmフィルムカメラとほぼ同等の性能を備える。映画の Cinema とイタリア語で最高を意味する Alta から名付けられている。

また、超高精細の4Kデジタルシネマ(横4096×縦2160画素)映像に対応した商品には「CineAlta 4K」の名前が用いられ、映画館での4K上映システムが2007年から販売されている[1]

概要[編集]

CineAltaは、デジタルシネマのコンテンツ制作および上映に関連するさまざまな製品にソニーが冠したブランド名である。現在では、CineAltaブランドはビデオカメラ、カムコーダ、レコーダ、シネマサーバやプロジェクタなどの機器に及ぶ。

フォーマット[編集]

CineAltaカメラはHDCAMテープ、XDCAMProfessional DiscまたはSxS英語版フラッシュメモリカードに記録する。24fpsを含む異なるフレームレートでの記録が可能で、横1920×縦1080画素(1080p)の解像度に対応する。ミランダ DVC 802コンバーターとの併用もでき、その場合はSDI、DVや複数のHDが出力可能となる。

歴史・映画での使用[編集]

2000年、ジョージ・ルーカスが「『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』が100%デジタルで撮影される最初のメジャー映画作品になる」と発表した。これを受け、ソニーとパナビジョンは共同でHD 1080pカメラの開発にあたり、最初のCineAltaカメラであるソニーHDW-F900が誕生した。これはパナビジョン向けに仕様変更されてパナビジョンHD-900Fとも呼ばれた。

次作『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』では、解像度・色再現性能がさらに進化したソニーHDC-F950が使用された。オリジナルの16:9のアスペクト比から、フィルムでは2.35:1に切り取られている。結果的に、垂直解像度の1080ピクセルのうち実際に使われたのは817ピクセルだけであった。しかし、その後キヤノンアナモルフィックアダプターが登場し、これを使用することで画素を失わずに2.35:1で撮影することが可能となった。『サルバドールの朝』はこのアダプターを撮影に使用した最初の作品である。

エルミタージュ幻想』はHDW-F900を使用し、HDで撮影された。情報は非圧縮デジタルで100分のハードディスクに記録されたため、この90分の作品全体をワンカットで丸ごと収録することができた。撮影は4回行なわれ、最初の3回は技術的な問題で中断したが、4回目は成功した。この作品のDVDには、撮影技術についてのドキュメンタリー映像が特典として収録されている。

この他にCineAltaで撮影された映画作品は以下のようなものがある。

CineAltaカメラの一覧[編集]

4Kの普及[編集]

4Kデジタルシネマの撮影ができる機材として、2011年09月07日に新開発8K CMOSイメージセンサー(総画素数約2000万画素、有効画素数約1900万画素)を搭載した業界最高画質のCineAltaF65カメラを発売。 CMOS特有のローリングシャッター現象を抑えるロータリーシャッターとNDフィルターを内蔵したモデル「F65RS」も同時発売。

4K映像の視聴については、ソニー製デジタルシネマプロジェクターが幅広く受け入れられており、全世界で既に約9000以上の映画館へ設置されている。国内ではTOHOシネマズおよびティ・ジョイなど大手劇場チェーンをはじめとした映画館とデジタル化の契約を締結しており、上映側では4K映像が普及、浸透する環境が整いつつある。


シネアルタはフィルム映画用カメラの最大手であるドイツアーノルド&リヒター(ARRI)社のPLマウントを採用している他、同社のカメラ用アクセサリーと高い互換性を確保しているため、映画やCM撮影現場で一般的に使われているアーノルド&リヒター社のカメラに馴染んでいた既存の撮影スタッフにも馴染みやすいという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

文献[編集]