アナモルフィック・レンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
手前から見たアナモルフィック・レンズ。フィルムを横長に引き伸ばすため、奥が楕円形なのが特徴
図1:圧縮しない場合のワイドスクリーンのフィルムの状態。駒と次の駒の間に黒い帯が入り画質は著しく劣化する。
図2:アナモルフィック・レンズを使って圧縮した場合のワイドスクリーンのフィルムの状態。駒一杯に画像が入り画質は向上する。ただし映写時にはアナモルフィック・レンズを使用して横に広げて投影する。

アナモルフィック・レンズ (: anamorphic lens) は、映画フィルムでワイドスクリーンを撮影・再生するための特殊なレンズ。アナモフィックレンズ円柱レンズともいう。

カメラに取り付けられたアナモルフィック・レンズはワイドスクリーンの幅の映像をほぼ半分のサイズに圧縮・縮小し、標準的な35mmフィルムのフレームにフィットさせる。この時のフィルムの画像は縦長になっている。

映写機にとりつけられたアナモルフィック・レンズは圧縮していたものを、元のサイズに戻して拡大し(スタンダードの画面サイズ縦横比1:1.33に代わる1:2.35のアスペクト比をもったワイドスクリーン映像として映写する。

元来は、フランス人の天文学者アンリ・クレティアンリッチー・クレティアン式望遠鏡の発明者)が第一次世界大戦のとき、戦車の視界を良くするために開発したものであり、1952年20世紀フォックスがそのシステムの権利を買い取り、シネマスコープとして商業的に発展させた。『聖衣』(ヘンリー・コスター監督、1955年)は最初にこのシステムを用いた映画である。

2つ以上のカメラや特殊な装置を使用する初期のワイドスクリーン・システムに対して、アナモルフィック・システムの大きな強みは、通常の35mmのカメラと映写機を用いても、特殊なレンズさえ用意すれば良い点にあった。別のスタジオでも、それぞれ独自のアナモルフィック・システムあるいはスコープ・システムが発展した。

特殊なレンズの特性上、画面左右には歪曲収差が出る。また、被写界深度が浅くなりやすい。