65式歩槍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TwT65.JPG
概要
種類 軍用ライフル
製造国 中華民国の旗 中華民国台湾
設計・製造 第205兵站廠
性能
口径 5.56mm
銃身長 508mm
使用弾薬 5.56mm NATO弾
装弾数 バナナ型弾倉給弾 30発 
作動方式 ガス圧利用(ショートストロークピストン式)、ターンロックボルト
全長 1010mm
重量 3.55kg
銃口初速 920m/秒
有効射程 600m

65式歩槍正体字:65式戰鬥歩槍)は中華民国国軍台湾軍)の制式小銃。民国65年(西暦1976年)に制式化され以降旧式のM14から置き換える目的で陸海空軍に順次配備が進められた。

概要[編集]

AR-18ライセンス生産の経験に基いて開発された、64式歩槍をベースに改良した。初期型のT65K1からやがて発展型のT65K2となったが特に後者は取手を兼ねる照門、右手人差し指、中指で引くボルト他外観がM16に酷似する為同銃の台湾でのライセンス生産型と商業的メディアでもしばしば誤解を受けることがある。

作動方式はM16で汚れに対し脆弱と批判を受けたリュングマン式即ちガス直圧式を廃止し、AR-18と同じショートストロークピストン式に変更し作戦時における信頼性の向上に努めている。

その後、改良が加えられT65K3が誕生した。

T65K2を背負う台湾海兵隊の兵士


関連項目[編集]

外部リンク[編集]