2012年FIBAアジアカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
公式サイト
2012 FIBA Asia Cup
概要
開催国 日本の旗 日本
期間 9月14日-22日
チーム数 10チーム (44連盟)
会場 1会場 (1都市)

2012 FIBA アジアカップ (4th FIBA Asia Cup)は2012年9月に東京都大田区総合体育館で開催された第4回FIBAアジアカップ。前回までFIBAアジアスタンコビッチカップとして開催されていた大会名を改称し、回数も引き継いで開催されるものである。

優勝したイランには2013年バスケットボール男子アジア選手権の出場権が与えられ、2位から5位までのチームが属するサブゾーンのアジア選手権の出場枠が追加された。

大会の運営において日本バスケットボール協会は約1億5000万円もの巨額の赤字を計上した。アジア連盟から入る予定とされていた助成金1300万円が実際には入らなかったり、入場料も予定より2400万円少ないなどの大幅な見込み違いを犯し、さらには予算に計上していなかった国際映像制作費が3000万円かかるなど、同じく大赤字を計上した2006年バスケットボール世界選手権の運営から全く進歩していない杜撰な運営だった。協会は「大会運営は大失敗だった」とのコメントを残している[1]

出場国[編集]

開催国の日本、2011年アジア選手権優勝の中国は自動的に出場権を獲得。6つのサブゾーンの出場枠は1。残る2枠は2011年アジア選手権準優勝のヨルダンが属する西アジアと3位の韓国が属する東アジアに振り分けられた。

地区予選 日程 開催地 出場国
開催国 - - 1  日本
2011年アジア選手権 2011年9月15日-25日 中華人民共和国の旗武漢 1  中国
東アジア 2  チャイニーズ・タイペイ
マカオの旗マカオ
SEABAカップ 2012年7月 タイの旗チェンマイ 1  フィリピン[2]
中央アジア 1  ウズベキスタン
南アジア 1  インド
WABA選手権 2012年6月 ヨルダンの旗アンマン 2  レバノン
 イラン
湾岸 1  カタール
10

予選ラウンド[編集]

組み合わせ抽選は7月1日に東京で行われた[3]

グループA[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点 Tiebreaker
 レバノン 4 3 1 361 247 +114 7 1–1; 1.068
 フィリピン 4 3 1 329 235 +94 7 1–1; 1.050
 中国 4 3 1 353 250 +103 7 1–1; 0.892
 ウズベキスタン 4 1 3 227 337 −110 5
 マカオ 4 0 4 204 405 −201 4

グループB[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 イラン 4 4 0 310 274 +36 8
 日本 4 3 1 318 290 +28 7
 チャイニーズタイペイ 4 2 2 329 322 +7 6
 カタール 4 1 3 301 296 +5 5
 インド 4 0 4 294 370 −76 4

決勝ラウンド[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
9月20日        
  レバノン 72
9月21日
  カタール 79  
  カタール 66
9月20日
    日本 73  
  日本 60
9月22日
  中国 50  
  イラン 53
9月20日
    日本 51
  イラン 79
9月21日
  ウズベキスタン 37  
  イラン 77 3位決定戦
9月20日
    フィリピン 60  
  フィリピン 75   フィリピン 63
  チャイニーズタイペイ 68     カタール 79
9月22日
順位決定予備戦 5位決定戦
           
9月21日    
  レバノン 63
  中国 78  
  9月22日
  チャイニーズタイペイ 63
    中国 67
 
7位決定戦
9月21日 9月22日
  ウズベキスタン 70   ウズベキスタン 73
  チャイニーズタイペイ 86     レバノン 84

脚注[編集]

外部リンク[編集]