2013年バスケットボール男子アジア選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2013年男子アジア選手権
第27回男子バスケットボールアジア選手権
概要
開催国 フィリピンの旗 フィリピン
期間 2013年8月1-11日
チーム数 16チーム (連盟)
会場 2会場 (2都市)
優勝  イラン (3回目)

2013年FIBAアジア男子バスケットボール選手権(The 27th FIBA Asia Championship for Men)は、2013年8月に開催された第27回バスケットボール男子アジア選手権大会。1日から11日までフィリピンマニラなどで開催される。当初レバノンベイルートが開催地となる予定であったが、シリア騒乱の影響もあり、変更された[1]

イランが2大会ぶりに優勝し、準優勝の地元フィリピン、3位の韓国とともに2014年FIBAバスケットボール・ワールドカップ出場権を獲得。中国は準々決勝で台湾に敗れてワールドカップ出場権を逃し、2000年シドニーオリンピックから続いていた世界大会(オリンピック、ワールドカップ)連続出場が途切れた。

出場国[編集]

2012年FIBAアジアカップで優勝したイランが出場権を獲得。東アジア、西アジア、東南アジア、湾岸各サブゾーンにそれぞれ2枠、中央アジア、南アジア各サブゾーンにそれぞれ1枠与えられた。さらにアジアカップにおいて優勝国イランと開催国フィリピンを除いた上位4チームに日本、カタール、中国、チャイニーズタイペイが入ったため、東アジアサブゾーンに3枠、湾岸サブゾーンに1枠が追加された。

予選 開催年月日 開催地 Qualified
開催国 1  フィリピン (45)
2012年FIBAアジアカップ 2012年9月14日-22日 日本の旗 大田区 1  イラン (20)
中央アジア予選 2013年5月7日 カザフスタンの旗 アスタナ 1  カザフスタン (47)
東アジア選手権 2013年5月16日–21日 韓国の旗 仁川広域市 5  韓国 (33)
 中国 (11)
 日本 (35)
 香港 (71)
 チャイニーズタイペイ (42)
ガルフ選手権 2012年9月30日-10月6日 バーレーンの旗 マナーマ 3  カタール (36)
 バーレーン (75)
 サウジアラビア (69)
南アジア選手権 2013年6月2日-4日 インドの旗 ニューデリー 1  インド (58)
東南アジア選手権 2013年6月20日-23日 インドネシアの旗 メダン 2  タイ (85)
 マレーシア (69)
西アジア選手権 2013年2月7日-9日 イランの旗 テヘラン 2  レバノン (25)
 ヨルダン (30)

カッコ内はFIBAランク

会場[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]