2010年FIBAアジアスタンコビッチカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
公式サイト
http://beirut2010.fibaasia.net/
概要
開催国 レバノンの旗 レバノン
期間 8月7日-15日
チーム数 10チーム (44連盟)
会場 1会場 (1都市)
優勝  レバノン (1回目)
2008
2012

2010 FIBA アジアスタンコビッチカップ (3rd FIBA Asia Stankovic Cup)は2010年8月にレバノンベイルートで開催された第3回FIBAアジアスタンコビッチカップ

優勝したレバノンが2011年バスケットボール男子アジア選手権(兼ロンドンオリンピックアジア予選)出場権を獲得。2位から5位までのチームが属するサブゾーンのアジア選手権の出場枠が追加された。

出場国[編集]

開催国のレバノン、2009年アジア選手権優勝のイランは自動的に出場権を獲得。各サブゾーンの出場枠は1。これに2009年アジア選手権優勝国と今大会開催国を除くアジア選手権上位3カ国が属するサブゾーンは枠が追加される。東アジアは出場枠を3つ持っていたが、チャイニーズ・タイペイと日本以外は出場を辞退したため、その枠は西アジアに移された。

地区 日程 開催地 出場国
開催国 - - 1  レバノン
2009年アジア選手権 中華人民共和国の旗天津 1  イラン
東アジア 2  チャイニーズ・タイペイ
 日本
東南アジア 1  フィリピン
中央アジア 1  カザフスタン
西アジア 3  ヨルダン
 イラク
 シリア
湾岸 1  カタール
10

予選リーグ[編集]

グループA[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点 タイブレーク
 日本 4 3 1 316 259 +57 7
 イラン 4 2 2 302 296 +6 6 1-1 / 1.041
 チャイニーズタイペイ 4 2 2 291 288 +3 6 1-1 / 0.980
 カザフスタン 4 2 2 277 312 -35 6 1-1 / 0.980
 イラク 4 1 3 295 326 -31 5

グループB[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 レバノン 4 4 0 234 187 +47 8
 カタール 4 3 1 286 272 +14 7
 フィリピン 4 2 2 276 278 -2 6
 ヨルダン 4 1 3 262 267 -5 5
 シリア 4 0 4 208 262 -54 3

9位決定戦[編集]

イラク  84-82  シリア

決勝トーナメント[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月13日        
  カタール 86
8月14日
  チャイニーズタイペイ 78  
  カタール 76
8月13日
    日本 (OT) 78  
  日本 94
8月15日
  ヨルダン 80  
  日本 59
8月13日
    レバノン 97
  イラン 67
8月14日
  フィリピン 79  
  フィリピン 80 3位決定戦
8月13日
    レバノン 81  
  レバノン 101   カタール 80
  カザフスタン 50     フィリピン 75
8月15日

最終順位[編集]

アジア選手権出場権獲得
所属サブゾーンにアジア選手権出場枠追加
順位 チーム 勝敗
1位  レバノン 7-0
2位  日本 5-2
3位  カタール 5-2
4  フィリピン 3-4
5  ヨルダン 3-4
6  イラン 3-4
7  チャイニーズタイペイ 3-4
8  カザフスタン 2-5
9  イラク 2-3
10  シリア 0-5

参考資料[編集]