黒木亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒木 亮(くろき りょう、1957年 - )は、日本小説家北海道雨竜郡秩父別町出身。実家は秩父別町の神社ロンドン在住。

人物[編集]

北海道深川西高等学校早稲田大学法学部卒業後、三和銀行に入行。同行の海外派遣制度でカイロ・アメリカン大学に留学し、修士号(中東研究科)を取得。同行ロンドン支店国際金融課でトルコ・中東・アフリカ向けの国際協調融資、プロジェクト・ファイナンス等に関る。その後、ロンドンの証券会社を経て、三菱商事ロンドン現地法人に入社[1]。同社でプロジェクト金融部長を勤めながら2000年10月に上梓した国際金融小説『トップ・レフト』で小説家として一躍脚光を浴びる。その後、2003年7月に同社を退社し、専業作家になった。本名の金山雅之(かなやま まさゆき)名義で『ロンドン国際金融の仕掛人』、『国際銀行マンロンドン発』などの書籍も執筆している。産経新聞紙上で連載された『法服の王国』は、概ね青年法律家協会メンバーや反原発の人々を主人公として戦後司法史を描いた小説が保守系の新聞において掲載されたことから、話題を呼んだ。

早稲田大在学中は競走部に所属し、大学4年時にはロード20kmで1時間1分58秒8の北海道新記録を出している。また箱根駅伝には2年連続で出場し[2]、第55回大会(1979年)では、3区のランナーとして、2区の瀬古利彦からトップで襷を受け取り、首位のまま4区へ繋いでいる[3]。競走部時代の瀬古利彦中村清のエピソード、および自らの陸上競技人生に関しては、『冬の喝采』に詳しく書かれている。これは自伝的小説という位置づけではあるが、ほぼノンフィクションである。

作品一覧[編集]

  • 『トップ・レフト』(2000年)
  • 『アジアの隼』(2002年)
  • 『青い蜃気楼:小説エンロン』(2003年)
  • 『シルクロードの滑走路』(2005年)
  • 巨大投資銀行』(2005年)
  • 『カラ売り屋』(2007年)
  • 『貸し込み』(2007年)
  • エネルギー』(2008年)
  • 『冬の喝采』(2008年)
  • 『リストラ屋』(2009年、ザ・コストカッターと改題し文庫化)
  • 『排出権商人』(2009年)
  • 『トリプルA:小説格付会社』(2010年)
  • 『獅子のごとく』(2010年)
  • 『リスクは金なり』(2011年、エッセイ集)
  • 『赤い三日月:小説ソブリン債務』(2011年)
  • 『鉄のあけぼの』(2012年)
  • 『法服の王国』(2013年)
  • 『兜町(しま)の男:清水一行と日本経済の興亡』
  • 『対米交渉人』(毎日新聞社『本の時間』で連載)
  • 『原発所長』(『週刊朝日』で連載中)

脚注[編集]