餘慶寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
餘慶寺
Yokeiji 01.JPG
餘慶寺境内
所在地 岡山県瀬戸内市邑久町北島1187
位置 北緯34度39分15.96秒
東経134度3分41.04秒
山号 上寺山(うえてらさん)
宗派 天台宗
本尊 千手観世音菩薩
創建年 伝・天平勝宝元年(749年
開基 伝・報恩大師
札所等 中国三十三観音2番
山陽花の寺16番
百八観音3番
文化財 本堂、木造薬師如来坐像、木造聖観音立像(重要文化財)
三重塔、鐘楼、十一面観音像(県重文)
テンプレートを表示

餘慶寺(よけいじ)は岡山県瀬戸内市邑久町北島にある寺。宗派は天台宗。山号は上寺山(うえてらさん)。本尊は千手観世音菩薩秘仏。33年に1度開帳される(直近では平成24年(2012年)11月開帳)。中国三十三観音霊場第二番札所、山陽花の寺二十四か寺第十六番、百八観音霊場第三番。地元では山号の上寺山で呼ばれることが多い。

御詠歌:けんやくに みをつつしみて おごりなく たゞよきことをすれば よけいじ

沿革[編集]

寺の縁起によれば、天平勝宝元年(749年)に報恩大師により開かれたという。当初は日待山日輪寺と称され、報恩大師建立の備前四十八ヶ寺の一つとして栄えたという。報恩大師(? - 795年)は、備前国津富郡波河(岡山市芳賀)の出身とされる半ば伝説的な僧で、岡山県下の古寺の多くが報恩の開基伝承をもつ。

一時、衰退したが平安時代になり円仁(慈覚大師)が再興し本覚寺と改められたという。その後、近衛天皇の勅願所となり現在の上寺山餘慶寺となった。

室町時代には浦上則宗の信仰を得、戦国時代には宇喜多氏の保護、江戸時代には岡山藩池田氏の庇護の元で栄えた。

かつては7院13坊の塔頭を数えたが、今日でも恵亮院、本乗院、吉祥院、定光院、明王院、圓乗院の6僧院がある。豊原北島神社が隣接しており平安時代に発展した神仏習合の形態を今に留めている。

現在、年末年始には境内がライトアップされる。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

平安時代。坐像で像高182cmの大作であるが、頭体の主要部を一材から彫出する一木造である。全体に太造りで、頭部が大きく、額が狭く、膝が厚い点などに平安初期彫刻の作風がうかがわれるが、制作は10世紀頃と推定されている。中国地方の仏像中、屈指の優作である。

岡山県指定重要文化財[編集]

  • 三重塔 - 文化12年(1815年)建立
  • 梵鐘
  • 木造十一面観世音菩薩立像(薬師堂) - 平安時代

瀬戸内市指定重要文化財[編集]

前後の札所[編集]

中国三十三観音霊場
1 西大寺 -- 2 餘慶寺 -- 3 正楽寺
山陽花の寺二十四か寺
15 遍明院 -- 16 餘慶寺 -- 17 円通寺

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 32-34ページ
  • 『中国観音霊場第2番 上寺山餘慶寺の栞』 現地配布パンフレット

外部リンク[編集]