那須人車軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
那須軌道[* 1]
路線総延長 5.2 km
軌間 762 mm
停車場・施設・接続路線(運行停止当時)
国鉄東北本線
STRq
西那須野
exSTRq
東野鉄道
uexKBHFa
0.0 西那須野
uexBHF
 ? 不明
uexKBHFe
5.2 大田原
exBHFq exSTRq
大田原
東野鉄道

  1. ^ 那須人車軌道より改称。

那須人車軌道(なすじんしゃきどう)は、かつて栃木県那須郡西那須野村(現・那須塩原市)にあった西那須野と、同郡大田原町(現・大田原市)を結んでいた人車鉄道、およびその運営会社である。営業は1908年明治41年)から1921年大正10年)頃で、馬力併用となった1917年(大正6年)に社名を那須軌道(なすきどう)に改称している。その後1925年(大正14年)に線路撤去、1932年昭和7年)に廃業した。

路線データ[編集]

※運行停止時点

  • 路線距離:西那須野 - 大田原 5.2km
  • 軌間:762mm
  • 駅数:3駅(起終点含む)
  • 電化区間:なし(全線非電化

運行形態[編集]

開通当初は好評であったが、8人乗り客車を車夫2人以上で押して所要時間は1時間以上かかり乗客には不評であった。収支改善のため後に6人乗り客車を車夫1人で押すようにしたが、経営はさらに悪化して行った。動力を馬力に変更して、乗客数も回復したが、後に当線に並行して開通した蒸気機関車の東野鉄道、自動車の東毛自動車に対抗すべくピークとなる一日53往復に増発したものの、東野鉄道や東毛自動車の影響は避けられず再度経営が悪化して営業停止に追い込まれる。

歴史[編集]

駅一覧[編集]

※運行停止時点

西那須野(にしなすの) - 不明 - 大田原(おおたわら)

接続路線[編集]

  • 西那須野駅:国鉄東北本線宇都宮線)、東野鉄道
    • 那須人車軌道の西那須野駅は東北本線の西那須野駅ではなく、北よりの大田原街道と東北本線の交差部近辺にあった。
    • 営業当時は「宇都宮線」の愛称は無い。
  • 大田原駅:東野鉄道
    • 那須人車軌道の大田原駅は東野鉄道の大田原駅ではなく、国道461号寺町商店街通り交差点近辺にあった。

輸送・収支実績・車両数[編集]

年度 乗客(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 支払利子(円) 客車(両) 貨車(両)
1908 38,369 762 2,499 2,898 ▲ 399 78 8 15
1909 63,858 2,251 4,900 3,818 1,082 322 1,078 13 15
1910 42,109 2,090 8,242 6,653 1,589 臨時災害費10 1,170 13 15
1911 46,234 2,175 7,512 5,866 1,646 439 14 15
1912 49,796 1,668 6,990 5,830 1,160 利子26 435 14 15
1913 49,651 2,221 4,180 5,891 ▲ 1,711 運送2,563利子31 392 14 15
1914 43,719 1,782 3,571 3,110 461 運送1,426 運送3,082 284 14 15
1915 41,920 1,540 3,153 2,904 249 運送1,470 運送1,579 14 15
1916 39,287 1,534 3,579 3,201 378 1,681 1,802 14 15
1917 105,752 462 9,444 7,603 1,841 2,326 2,008 14 15
1918 75,524 0 7,486 8,448 ▲ 962 運送2,600 1,906 14
1919 82,528 283 11,364 11,100 264 2,001 1,917 14 15
1920 52,519 995 9,089 10,374 ▲ 1,285 14 15
1921 50,318 10,750 10,037 10,560 ▲ 523 14 15
1922 58,162 3,920 10,026 9,369 657 14 15
1923 75,841 1,707 11,219 10,027 1,192 2,677 2,662、償却金79 14 15
1924 67,473 384 10,458 10,212 246 14 15
1925 60,940 40 8,309 7,446 863 13 3
1926 42,072 6,334 7,026 ▲ 692 13 3
1927 33,552 4,655 4,586 69 雑損240 8 3
1928 20,575 1,950 2,678 ▲ 728 40 8
1929 109 588 512 76 雑損1,586 82 8
1930 営業休止 8 169 ▲ 161 97 8 1
  • 鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料各年度版
  • 1931 - 1934年度まで営業休止

脚注[編集]

  1. ^ 大正14年の新聞記事により大正10年頃から運転を停止と報じられているが反面鉄道省宛の報告書には昭和4年度まで乗客数が計上されており那須軌道の最期は不明な点が多い「那須人車軌道について」51頁
  2. ^ 「軌道特許取消」『官報』1925年12月3日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「軌道特許取消」『官報』1934年6月22日(国立国会図書館のデジタルコレクション)

参考文献[編集]

  • 大町雅美『栃木県鉄道史話』落合書店、1981年、422-428頁
  • 金井忠夫「那須人車軌道について」『西那須野町郷土資料館紀要 3』1986年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]