蠍魔宮〜ブラックアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蠍魔宮〜ブラックアウト
スコーピオンズスタジオ・アルバム
リリース 1982年
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
時間 36分44秒
レーベル EMI
マーキュリー・レコード
プロデュース ディーター・ダークス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 10位(ドイツ)
  • 10位(アメリカ)
  • 11位(イギリス)
スコーピオンズ 年表
電獣〜アニマル・マグネティズム
(1980年)
蠍魔宮〜ブラックアウト
(1982年)
禁断の刺青
(1984年)
テンプレートを表示

蠍魔宮〜ブラックアウト(原題:Blackout)は、スコーピオンズ1982年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては8作目。

解説[編集]

1981年、ボーカリストのクラウス・マイネ声帯を痛め、一時は歌手生命も危ぶまれるほどだったが、治療に成功して復帰を果たす。アルバム・ジャケットにはゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画を使用。

スコーピオンズにとって初となる、全米チャートのトップ10入りを果たし、アメリカでの人気を決定づけた作品となった。「官能の夜」はシングル・カットされ、全米65位に達した。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はルドルフ・シェンカーとクラウス・マイネの共作。

  1. ブラックアウト - "Blackout" (Schenker, Meine, Rarebell, Kittelsen) - 3:49
  2. キャント・リヴ・ウィザウト・ユー - "Can't Live Without You" - 3:47
  3. 官能の夜 - "No One Like You" - 3:57
  4. ユー・ギヴ・ミー・オール・アイ・ニード - "You Give Me All I Need" (Schenker, Rarebell) - 3:39
  5. NOW! - "Now!" (Schenker, Meine, Rarebell) - 2:35
  6. ダイナマイト - "Dynamite" (Schenker, Meine, Rarebell) - 4:12
  7. アリゾナ - "Arizona" (Schenker, Rarebell) - 3:56
  8. チャイナ・ホワイト - "China White" - 6:59
  9. 静寂の煙 - "When the Smoke Is Going Down" - 3:51

カヴァー[編集]

  • 「ブラックアウト」は、屍忌蛇を中心に企画されたカヴァー・アルバム『STAND PROUD! ALL FOR HEAVY METAL』(1998年)で取り上げられた(ボーカルは小野正利)。また、ハルフォードハノーファー公演でルドルフ・シェンカーをゲストに迎えて演奏され(クラウス・マイネも参加する予定だったが、インフルエンザのため不参加となった[1])、ライヴ・アルバム『ライヴ・インサレクション』(2001年)に日本盤ボーナス・トラックとして収録された。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]