蘆名氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

蘆名(あしな)氏は、桓武平氏系統の三浦氏から興った氏族。相模国蘆名(現在横須賀市芦名)の地名に由来する。「芦名氏」「葦名氏」「三浦芦名家」と表記される事もある。

相模蘆名氏と会津蘆名氏の二つの系統が存在する。通し字は前者は「為」、後者は「盛」。

相模蘆名氏[編集]

三浦義継の三男・為清が蘆名姓を名乗ったことに始まる。孫の石田為久木曾義仲を討ち取り、褒章として近江国石田村を与えられ、一族は同地に移住した。その後、下毛野流石田氏と婚姻を重ねて京極氏の被官となり、戦国時代には石田三成を輩出(石田三成が、名門蘆名氏の流れを自称した可能性もある[要出典])した。また、鎌倉時代中期には蘆名経光伯耆守護となっている。

会津蘆名氏[編集]

三浦義明の七男・佐原義連を初代とするが、蘆名姓を名乗るのは、義連の孫に当たる光盛の代になってからである(異説あり)[要出典]室町時代には京都扶持衆として、自らを「会津守護」と称していた。

戦国時代蘆名盛氏が現われ最盛期を迎えた。これにより、奥州伊達氏と並び称される有力大名となった。

しかし、蘆名氏は一族猪苗代氏をはじめとする家臣の統制に苦慮し、さらに盛氏の晩年には後継者問題も発生した。そのため1580年、盛氏の死とともに蘆名氏は次第に衰え始める。

盛氏の死後、二階堂氏からの人質の二階堂盛義の子が婿養子として後を継いだ。蘆名盛隆である。周辺諸氏と友好を保ち伊達氏に対抗したり、織田信長に使者を送るなど積極的な政策を打ち出すが、家中の統制には苦慮している。1584年に近従の大庭三左衛門に暗殺され、その後を継いだ盛隆の遺児亀若丸(亀王丸)も1586年に3歳で夭逝。そして家臣団が揉めに揉めた末、佐竹義重の子・蘆名義広を蘆名家当主に迎えた。

1589年、奥州統一を目指す伊達政宗摺上原の戦いで大敗した蘆名義広は常陸に逃走し、蘆名氏は没落。実家の佐竹氏に戻った義広は名を「蘆名盛重」と改めて、常陸江戸崎城主となる(江戸崎藩)が、関ヶ原の戦いの際には、旗幟を鮮明にしなかった実兄・佐竹義宣と行動を共にしたために改易。次いで佐竹家臣として出羽角館城に1万6000石を与えられたものの、盛重の死後、息子が相次いで病死、最後の当主蘆名千鶴丸も3歳で事故死したために家系は断絶して蘆名氏は滅亡した。

なお、蘆名家の一門であった針生氏は蘆名家滅亡後に伊達氏に仕え、この系統は延宝4年(1676年)に仙台藩主・伊達綱村の命により蘆名に改姓した。

一門・主要家臣団[編集]

蘆名一門

猪苗代氏

金上氏

小田切氏

新宮氏

蘆名四天

平田氏

松本氏

富田氏

佐瀬氏

家臣団

慶徳氏

中目氏

山内氏

穴沢氏

系譜[編集]