華県地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
華県地震
Shaangxi 1556 earthquake map of provinces.PNG
陝西省
その他の被害を受けた地域
本震
発生日 1556年1月23日(旧暦嘉靖34年12月12日
発生時刻
震央 大明帝国 陝西省 華山付近(地図)
震源の深さ ?km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)推定8.0
最大震度    震度不明:
津波 なし
地震の種類 直下型地震
余震
回数 不明(余震は1年以上続く)
最大余震 不明
被害
死傷者数 死者830,000人
被害総額 不明
被害地域 大明帝国 陝西省甘粛省山西省河北省山東省河南省湖北省湖南省安徽省江蘇省
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

華県地震(かけんじしん)は、1556年1月23日(旧暦嘉靖34年12月12日)の朝、陝西省(現在の中華人民共和国陝西省)で起きた地震。近年の調査によると震源は陝西省の華山付近で、規模はマグニチュード8.0と推定。明嘉靖関中大地震(みんかせいかんちゅうだいじしん)・陝西地震(せんせいじしん)ともいう。

明実録」という書物によると、この地震による死者は朝廷に報告されたものだけで83万人、実際はそれをさらに上回る死者数を出したとされ、史上最悪の震災を引き起こした。この地域は当時も今も窰洞(ヤオトン)と呼ばれる横穴式住居が多く、それらが地震にともなう液状化現象で一斉に崩壊して被害を大きくしたと考えられている。840kmの広範囲にわたって破壊され、ある地域では人口の60%が死亡した。