青海地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青海地震
Neic vacp cy.png
震央の位置
震源の位置(USGS)
本震
発生日 2010年4月13日
発生時刻 23時49分38秒 (UTC)
14日 7時49分38秒 (CST)
同日 8時49分38秒 (JST)
震央 中華人民共和国の旗 中国 青海省
玉樹チベット族自治州 玉樹県
北緯33度13分26.4秒
東経96度39分57.6秒 (地図)
震源の深さ 17km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)16.9
最大震度    改正メルカリ震度X:玉樹県
余震
回数 18回(14日夜まで)
最大余震 14日 9時25分15秒 (CST)
Mw5.8
被害
死傷者数 死者2,698人
行方不明者270人
負傷者1万2,000人以上
被害地域 中華人民共和国の旗 中国 玉樹県
注1 中国地震局はMs7.1
出典:特に注記がない場合はUSGSによる。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

青海地震(せいかいじしん)は2010年4月14日、現地時間7時49分(13日23時49分 UTC)に中国西部、青海省玉樹チベット族自治州玉樹県で発生した地震である。震源の深さは約17km、地震の規模はモーメントマグニチュード(Mw)6.9[1]中国地震局は表面波マグニチュード(Ms)7.1[2]

地震活動[編集]

余震が続いており、現地時間4月14日夜までに18回の余震が発生している[2]。米国地質調査所によれば、現地時間9時25分に発生したMw5.8の地震が最大余震だと見られている。

被害[編集]

2010年4月25日午前0時時点で、死者2698人、行方不明者270人、負傷者は約1万2315人に上っている[3]。家屋の被害も震源近くでは90%以上が倒壊していると報じられている。電気関係や空港からの道路などインフラ設備にも大きな被害が出た。民家1万5000軒が倒壊し、約10万人が住む家を失った。

救援活動[編集]

中国政府は、災害の緊急度を当初は4段階で最低の4と評価していたが、その後に最高の1に引き上げて救援活動を進めている。中国人民解放軍武装警察など5000人以上の部隊が救援作業に投入された[4]。国家地震救援チームも、4月14日夜までに救援物資18トンや医療要員を専用輸送機で現地の空港に送り込んでいる[2]

空港からの道路の寸断や、作業用大型重機の不足や高地であるため救助作業に困難が生じている。また、被災地救援物資をめぐって一部地域で略奪が発生した[5]

温家宝首相は15日午後6時頃、被災地玉樹県に現地入りし、救援活動の指揮を執る。17日にBRICs首脳会談でブラジル訪問中の胡錦濤国家主席が緊急帰国し、現地入りした。

中国国外からの支援[編集]

各国政府・組織
  • アメリカ合衆国の旗4月14日、アメリカ合衆国赤十字社は災害救援として5万ドルの支援を行うことを決定した[6]
  • 香港の旗4月15日、香港赤十字社は20万香港ドルを支援。
  • 日本の旗4月16日、日本政府が1億円を上限に緊急無償資金協力を発表[7]
法人
芸能人・有名人

中国政府の反応[編集]

中国政府は4月20日に地震発生からちょうど1週間にあたる4月21日を「全国哀悼日」と定めた。国内および在外公館は半旗を掲揚すること、地震発生時刻に黙祷を捧げること、公共の娯楽活動の中止を指示した[12]。制限の対象となった娯楽活動としては映画やコンサート、ダンスホール、ゲームセンターなどの娯楽施設の営業、インターネットでもゲームや音楽配信などのサービス、テレビやラジオは、娯楽番組を他の番組に切り替えて放送する[13]。これは2008年の四川大地震のときと同じ対応である。

その後[編集]

玉樹チベット族自治州玉樹県では地元当局により、再開発を名目に大規模な土地収用が行われており、2013年4月9日頃には、住民100人程度による抗議活動が行われ、治安部隊との衝突もあった[14]

脚注[編集]

  1. ^ Magnitude 6.9 - SOUTHERN QINGHAI, CHINA, 2010 April 13 23:49:37 UTC” (英語). アメリカ地質調査所. 2010年4月15日閲覧。
  2. ^ a b c “中国青海省地震、死者400人・けが1万人超”. 読売新聞. (2010年4月14日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100414-OYT1T01053.htm 2010年4月14日閲覧。 
  3. ^ “19日午前8時までに死者数は1944人に-青海地震”. (2010年4月19日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0419&f=national_0419_040.shtml 2010年4月25日閲覧。 
  4. ^ “中国地震:400人死亡1万人負傷 多数生き埋め”. 毎日新聞. (2010年4月14日). http://mainichi.jp/select/today/news/20100415k0000m030053000c.html 2010年4月15日閲覧。 
  5. ^ 青海省地震で略奪が発生―当局認める、被災地で救援物資巡って/Searchina
  6. ^ The American Red Cross Releases $50,000 to Help Families Affected by the Earthquake in Northwest China” (English). The American Red Cross. pp. 1 (2010年4月14日). 2010年4月14日閲覧。
  7. ^ 青海省地震:日本政府が1億円の緊急援助、中国で感謝の声続々
  8. ^ 中国新聞社.(2010-04-15).2010-04-15 閲覧。
  9. ^ 本田技研工業(株).(2010-04-27).2010-04-27 閲覧。
  10. ^ 阿兰借新歌传递爱的力量_影音娱乐_新浪网
  11. ^ alan携新碟唯美回归 《爱就是手》传递大爱(2)_TOM娱乐
  12. ^ 青海地震 「全国哀悼日」で中国全土で半旗‐娯楽活動も中止レコードチャイナ 2010年4月21日閲覧
  13. ^ 今日、青海地震の哀悼日…娯楽は全面禁止・主要サイトは白黒=中国/Searchina
  14. ^ 土地収用にチベット族抗議 中国青海地震から3年”. 産経新聞 (2013年4月13日). 2013年4月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]