菅原康太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
菅原 康太 Football pictogram.svg
名前
愛称 コウタ
カタカナ スガワラ コウタ
ラテン文字 SUGAWARA Kota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1985年5月22日(29歳)
出身地 北海道室蘭市
身長 180cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム FC大阪
ポジション FW
背番号 8
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004
2008-2010
2010
2011-2012
2013-
国士舘大学
徳島ヴォルティス
グルージャ盛岡
MIOびわこ草津 / MIOびわこ滋賀
ツエーゲン金沢
18 (06)
35 (06)
13 (10)
17 (06)
0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

菅原 康太(すがわら こうた、1985年5月22日 - )は、北海道室蘭市出身のサッカー選手。ポジションはFW

来歴[編集]

北海道のサッカー強豪校、室蘭大谷高等学校で1年次の時からレギュラーとなり、2年次では全国高校選手権にも出場。3年次は北海道予選決勝で涙を呑んだものの、準決勝ではハットトリック、決勝でも1得点を挙げるなどチームを牽引した。高校卒業後は国士舘大学へ進学。2004年には1年生ながらJFLで18試合に出場し6得点を挙げるなど活躍。シーズン終了間際にサッカー部の起こした不祥事により最終節は中止、その年を最後にJFLを脱退するというトラブルもあったが、菅原はその後も躍進を続け、2007年には関東大学1部リーグで4位となる11得点をあげるなど活躍。2008年徳島ヴォルティスへの新加入が決定した。

プロ初年度となった2008年は序盤戦こそ出場機会に恵まれなかったものの、J2第19節に始めてベンチ入りすると共にJリーグデビューを飾ると翌第20節にはスターティングメンバーに名を連ね、21節にはJ初ゴールを決めた。その後、数試合はスターティングメンバーとして定着したがブラジル人FWアンドレジーニョソウザが加入すると彼らや石田祐樹にポジションを奪われる形になった。しかし、複数ポジションをこなす石田やアンドレジーニョはMFとしてプレーする機会も多かったことから菅原がスターティングメンバーとして出場する試合もあり、そうではない試合でもスーパーサブとして起用される機会も多かったためルーキーながらシーズン通算で4得点を挙げた。

2010年シーズンはグルージャ盛岡期限付き移籍。そして2011年にMIOびわこ草津(現・MIOびわこ滋賀)に完全移籍した。2012年シーズンはリーグ得点ランキング3位タイとなる17得点を挙げた。

2013年、ツエーゲン金沢へ移籍[1]も、この年に退団[2]

2014年よりFC大阪へ移籍[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2004 国士大 - JFL 19 6 - 0 0 19 6
2008 徳島 28 J2 18 4 - 1 0 19 4
2009 17 2 - 1 0 18 2
2010 G盛岡 25 東北1部 13 10 - 2 0 15 10
2011 びわこ 19 JFL 17 6 - - 17 6
2012 32 17 - - 32 17
2013 金沢 8 33 11 - 3 2 36 13
2014 FC大阪 関西1部     -      
通算 日本 J2 35 6 - 2 0 37 6
日本 JFL 101 40 - 3 2 104 42
日本 東北1部 13 10 - 2 0 15 10
日本 関西1部     -      
総通算 149 56 - 7 2 156 58

脚注[編集]

  1. ^ “菅原康太選手移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), ツエーゲン金沢, (2012年12月7日), http://www.zweigen-kanazawa.jp/news2012/newsDetail543.html 2012年12月7日閲覧。 
  2. ^ 契約満了選手のお知らせ-2013年11月26日ツエーゲン金沢公式HP
  3. ^ FW 菅原 康太選手 完全移籍加入決定のお知らせ-2014年2月21日FC大阪公式HP

関連項目[編集]