茂朱郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全羅北道 茂朱郡
位置
Map Muju-gun.png
各種表記
ハングル: 무주군
漢字: 茂朱郡
片仮名転写: ムジュ=グン
ローマ字転写 (RR): Muju-gun
統計
面積: 631.68 km²
総人口: 25,403(2014年1月) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 全羅北道
下位行政区画: 1邑5面
行政区域分類コード:
茂朱郡の木: イチイ
茂朱郡の花: ツツジ
茂朱郡の鳥: オシドリ
自治体公式サイト: 茂朱郡

茂朱郡(ムジュぐん,もしゅぐん)は大韓民国全羅北道の北東部にある郡である。郡の北東部を忠清北道、北西部を忠清南道、東部を慶尚北道、南部を慶尚南道と接している。春のツツジや冬の樹氷などで知られる徳裕山があり、主峰・香積峰(標高1,614m)を中心とした連峰を形成している。

冬になると、黄海を超えてきた湿った大気が、徳裕山や小白山脈にぶつかるため積雪が多く、スキー場も設けられている。1997年冬季ユニバーシアードは茂朱郡で開かれた。2010年2014年冬季オリンピック国内候補地を江原道平昌郡と争い、いずれも敗れた経緯を持つ。

歴史[編集]

  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、錦山郡の一部(富南面)が茂朱郡に編入。茂朱郡に以下の面が成立(6面)。
    • 茂朱面・茂豊面・雪川面・赤裳面・安城面・富南面
  • 1979年5月1日 - 茂朱面が茂朱邑に昇格(1邑5面)。

警察[編集]

消防[編集]

交通[編集]

高速道路[編集]

名所[編集]

外部サイト[編集]

関連項目[編集]