緑マンガン鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑マンガン鉱
manganosite
manganosite(スウェーデン産)
分類 酸化鉱物
化学式 MnO
結晶系 等軸晶系
モース硬度 5.5
光沢 ガラス光沢
緑色
条痕 褐色
比重 5.4
文献 [1]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

緑マンガン鉱(りょくまんがんこう、: manganosite)は、鉱物酸化鉱物)の一種。化学組成は MnO(酸化マンガン(II))、結晶系等軸晶系ペリクレースグループに属する。

産出地[編集]

日本国内の様々な場所のマンガン鉱床で産出するが、産出量は微量である(群馬県黒川鉱山栃木県真名子鉱山宮崎県秋元鉱山京都府玉岩鉱山など)。

性質・特徴[編集]

光沢緑色(空気中で直ちに黒褐色に変色)。特徴的な緑色は、空気中で黒変しやすい。その速度は産地によって異なり、結晶度が高いほど遅いと言われる。黒変を防ぐにはクリアラッカーマニキュア液を塗ると良いと言われるが、それでも半永久的に保存することは難しい。

晶癖の8面体。へき開は3方向完全。

硬度は 5.5。比重は 5.4。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国立天文台編 『理科年表 平成20年』 丸善2007年、639頁。ISBN 978-4-621-07902-7

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]