第11回ア式蹴球全国優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第11回ア式蹴球全国優勝大会(だい11かいアしきしゅうきゅうぜんこくゆうしょうたいかい)は、1931年10月28日から31日まで明治神宮外苑競技場にて開かれたア式蹴球全国優勝大会である。

概要[編集]

  • 本大会出場は7チーム。
  • 東都の誰一人名前も知らない中学生チームの快進撃に神宮が湧いた[1][2]。決勝に進出したのは広島県呉市平原町から来た興文中学[1]。校長が朝鮮で教育に従事していた関係で、朝鮮からの留学生を積極的に受け入れていた[1][2]修道中学広島師範学校鯉城蹴球団など、強豪ひしめく広島予選を勝ち抜き、本戦でも決勝に進出した[1]。しかし興文中学が一瞬の燐きを放ったのはこの年のみで、これ以降全国大会での華々しい活躍はない。興文中学は太平洋戦争で空襲に遭い校舎を焼失。同市阿賀町に移転した後、学校改革で芸南高校と改称したが1975年廃校になった[1]。著名な出身者としてボクシングプロモーター金平正紀らがいる[3]

出場チーム[編集]

試合[編集]

準々決勝[編集]

  • 東京帝大LB 2-1 関西学院大学
  • 名古屋蹴球団 2-0 函館蹴球団
  • 興文中学 5-1 富山師範クラブ

準決勝[編集]

  • 東京帝大LB 2-0 二高クラブ
  • 興文中学 3-1 名古屋蹴球団

決勝戦[編集]

  • 東京帝大LB 5-1 興文中学

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『栄光の足跡 広島サッカー85年史』 「広島サッカー85年史編纂委員会」 財団法人 広島県サッカー協会、2010年、35頁
  2. ^ a b 河野徳男『広島スポーツ史』、財団法人広島県体育協会、1984年、301頁
  3. ^ 『広島県風土記』、旺文社、1986年、538頁